• XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3日 15時間前

    Prysmatic Labs、名誉あるエテリアムスケーラビリティを付与される
    Prysmatic Labsは私たちがファンとして強く支持しているプロジェクトです。このプロジェクトは、イーサリアム ファウンデーションの最初の受益者(beneficiaries)の一部として、シャーディング実施のための10万ドルのスケーラビリティ付与を受けました。イーサリアムプロジェクトは、有用なDAppsとスマートコントラクトをイーサリアムブロックチェーンでサポートすることを目指しており、その目標は開発者に一流の研究開発、体験と教育を提供することです。
    Prysmatic Labsはgeth-shardingとも呼ばれる(イーサリアムのネットワークの60%にパワーを提供する)イーサリアムgethクライアントのために、最初のシャーディング実装を構築することに重点を置いています。イーサリアムは現在、ネットワークのスケーラビリティによって制限されているため、このプロジェクトはイーサリアムの将来の成功にとって非常に重要です。
    ホンジュラスのサン・ペドロ・スーラのRaul Jordanは、Prysmatic Labプロジェクトのディレクターです。彼は、ホンジュラスからハーバード大学に入学してコンピュータサイエンスを学んだ歴史上3人目の人物です。彼が辞めるまでは!Kynplexという会社を創業したRaulは、権威あるThiel Fellowship 2016年の奨学金と残りの奨学金…長い奨学金のリストを受け取りました。
    現在彼は分散型ネットワークの構築に携わり、日々の生活に革命を起こすブロックチェーン技術の開発に貢献しています。
    Raulおめでとうございます!そして今後拡張されるイーサリアムと、暗号化ポジショニングに関して助けてくれてありがとうございます!

    XYO Networkプロジェクトの詳しい情報は、Telegramグループ(https://t.me/XYONetwork_JP)にご参加ください

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3日 15時間前

    XYOの共同設立者Markus Levinへのインタビュー
    XYOは現実世界のアイテムの動きを追跡する、最初のロケーションベースのブロックチェーンネットワークを構築しました。同社の共同創設者兼運用責任者であるMarkus Levinから、XYO Network の詳細について学ぶ事が出来ます。

    •XYOのアイディアはどのようにして生まれましたか?

    2013年のイーサリアムのリリースは、契約の支払いと実行を同じものに組み合わせた「トランザクションプロトコル」である、「スマートコントラクト」をもたらしました。しかし、イーサリアムの主な欠点は、スマートコントラクトにおいて集中的な第三者の検証が必要であり、これはこれらの契約をハッカーに対して脆弱にします。さらに、位置情報をブロックチェーンに統合する信頼できる方法はありません。

    この欠点を解消するために、XYOは世界各地の人々が使用する100万台以上のブルートゥースおよびGPSデバイスから始まる、世界で初めての分散型位置確認システムを構築しました。これは、ブロックチェーン内の最初の暗号化されたロケーションデータベースネットワークです。

    •あなたの製品について皆さんに説明して頂けますか?

    XYO Network は、ブロックチェーンを物理的な世界と融合させることで、今の世界と将来の「スマートな世界」のギャップを狭めます。位置情報は私たちの日常生活の基盤です。過去10年間の測位データの使用は大幅に増加しています。グローバルオートメーションの発展に伴い、デジタルレベルでの需要が増加します。

    ブロックチェーン技術と暗号通貨は、オフラインアプリケーションではなく、主にオンラインアプリケーションのインターネットに限定されています。XYO Networkはブロックチェーンを物理世界に接続し、100万を超える位置確認デバイスを使用しています。 XYOネットワークは、ブロックチェーン技術の約束と利点を現実の世界にもたらします。

    •あなたの会社は最初のトークンセール(ICO)を行っています。すでに何が行われましたか?ICOによって調達された資金を使って、あなたは何を創り出しますか?

    XYOは世界中の人々が使用している100万台以上のブルートゥースおよびGPSデバイスをはじめ、世界で初めての分散型位置確認システムを構築しています。これは、ブロックチェーン内の最初の暗号化されたロケーションデータベースネットワークです。

    •XYOと類似のサービスの違いは何ですか?あなたが創り出したイノベーションサービスは、どのように新しい経済や技術の発展に役立ちますか?

    XYO Networkはすでに世界中で、100万台以上のブルートゥースとGPS機器を搭載した、世界初の分散型位置確認システムを構築しています。

    暗号化測位技術における長年にわたる投資と画期的な進歩により、XYOは、何千億ドルもの活動を生み出す、位置情報技術に依存した取引市場において、ブロックチェーン技術の約束と利点を、現実世界に巨大かつグローバル規模でもたらす準備ができています。

    これはロケーション証明(proof of…[ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3日 15時間前

    XYO Network、エンタープライズイーサリアムアライアンスに加入する

    2018年3月29日、カリフォルニア州サンディエゴ – (PR.com)- 初のロケーションベースのブロックチェーンネットワークXYO Networkは、エンタープライズイーサリアムアライアンスEnterprise Ethereum Alliance (EEA)に加入したと発表しました。EEAは世界最大のオープンソースのブロックチェーンイニシアチブであり、400社を超える会員企業を抱えています。 EEAはイーサリアムコアプラットフォームをベースにしたブロックチェーンアプリケーションのための、オープンな業界標準とフレームワークを確立することに努めています。
    XYOはデジタル世界と現実世界のネットワークを結びつける、アプリケーションの研究開発に専念しています。ロケーション転送機能を備えたブルートゥースデバイスとGPSデバイスを使用して、XYOは世界中に100万台のデバイスを持つ信頼できるネットワークを確立しており、既に配備された利用可能な伝送機器を使用してリアルタイムの位置情報を提供できます。
    「私たちは暗号化されたポジショニング技術の表面と、それが中小企業から多国籍企業まで、無数の消費者や企業のニーズにどのように適用されるかを把握し始めています。 イーサリアムアライアンスに参加することで、我々の枠組みを強化し、重要な提携関係を樹立し、なおかつさまざまな新しくダイナミックな方法で、当社の技術とアウトリーチを進歩させることができます。」とXYO Networkの共同設立者であるMarkus Levinは述べています。
    XYOはまたIoTとブロックチェーンのエコシステムをビジネス価値を提供するための、オープンソースツールの作成と標準化を目指すTrusted IoT Allianceに加わりました。
    XYO Networkについて
    XYOネットワークは世界で初めて、100万台以上のブルートゥースとGPS機器で世界中をカバーする、分散型位置確認システムを確立しました。暗号化位置技術に対する長年の投資と進歩により、XYOは数千ドルの活動を生み出す場所依存型貿易市場において、ブロックチェーン技術の約束と利点を現実世界に広げる手助けをする態勢を整えています。
    これはロケーション証明(proof of location)の文書に依存する、商品や配送サービス(アマゾンなどのオンラインショップなど)のビジネスに大きな影響を与える可能性があります。また航空便手荷物追跡、医療施設機器追跡、貨物在庫確認、荷物盗難検出、レンタカーキー追跡、学生到着通知など、幅広い産業に付加価値をもたらすことができます。
    詳細は、XYOネットワーク(XYO…[ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3日 15時間前

    デベロッパーに現実世界のAPIアクセスを提供するXYOネットワーク

    火曜日にXYO Networkは世界で初めての分散型位置確認データベースネットワークを発表しました。XYO Networkの暗号化測位技術とそのプロトコルを組み合わせたエコシステムは、位置追跡技術を必要とするすべての市場に対応できます。サービスのコストはサービスの納期や配送場所によって異なります。XYO Networkは、物理的な世界をデジタル世界に接続し、衛星の打ち上げやメンテナンスのような大量の初期費用ではなく、WiFiやBluetoothのような既存の低コスト分散技術を使ってGPSのような機能を実現することを目指しています。

    2012年に設立されたXYO Networkの機能は、現実の精密位置インジケータ(API)に似ており、スマート契約の実行をサポートするすべてのブロックチェーンプラットフォームに適用でき、オープンエンドの分散アプリケーション(DApp)開発アーキテクチャを提供します。XYO Networkデータベースから提供されるデータには、対象物の特定平面XY座標、位置データ一貫性検証の確立、ユーザの状況に適したリアルタイム正確な位置情報データ、および上記情報および他のパラメータに基づくインテリジェントな契約実行が含まれます。

    XYO Networkは、ブロックチェーン技術における現在の努力がサイバースペースに限られているので、この業界にはまだギャップがあると考えています。すべての現代のブロックチェーン、暗号通貨、トークンは、関連するプラットフォーム経済にとって経済的ツールです。これらのプラットフォームは、現実のアプリケーションではなくオンラインアプリケーションに焦点を当てています。そのようなわけでXYO Networkの主な目標は、デジタル世界と実際の物理世界を結びつける位置追跡に基づいた技術を開発することです。

    XYO Networkの創始者Arie Trouwはこう述べています。「XYZによるロケーション革新とブロックチェーンの開発を組み合わせるというアイデアは、今日のブロックチェーンにおいて最もエキサイティングなアイデアの1つとなっています。私たちの分散型暗号化測位ネットワークは、今日の世界と将来の世界との間のギャップを埋めるものですが、現在のところ私たちは表面を傷つけているにすぎません。 XYOネットワークは、無限のアプリケーションで新たな可能性を開拓します。」

    XYOネットワークは、医療、レンタカー、保険サービス、ドローンやその他の商用速達サービス、民間航空会社の物流会社、電子商取引などを含む産業の可能性を見ています。XYOネットワークには、データ情報を提供するための100万台以上のデバイスがあり、今後数ヶ月間により多くの接続デバイスを設計し、配布するための研究を行っています。 XYOネットワークは最近分散化された位置証明プロジェクトであるGEO(GEO)を取得しました。

  • bitnation さんのプロフィール写真

    bitnation が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 2日前

    ブロックチェーン市民権:BitNationプラットフォームがセール日を決定

    BitNationは3月25日から、PATトークン公開セールを開始することをついに決定しました。トークンの販売は、オランダ式オークション(誰かが購入するまで徐々に価格が下がる)で行われ、期間は30日、またはハードトップが3,000万ドルに達するまでです。

    オランダ式オークションでは、投資家は米ドルの投資額を、支払う用意がある最高価格で入札することができます。その後、トークンは、資金調達対象に達するまで最高額から割り当てられます。

    ブロックチェーン仮想国家

    その直後に、すべての投資家は適格入札の中で最低価格を支払い、最終価格に応じて割り当てられるトークンの数が支払われます。トークンの供給量の約10%はこのセールで販売され、トークンの合計約1%が次の2年間毎月取引所で販売されます。

    PATトークンはPangea管轄地域の現地通貨になります。このネットワークでは、誰でも自発的に国に参加したり、国家を設立したり、スマート契約を結んだり、紛争を解決したりすることができます。

    これらの仮想国家は市民に非伝統的な管轄権を提供します。 BitNationは2014年に設立され、国籍のない人々に、ブロックチェーンIDと公証サービスを提供し始めました。

    プロジェクトチームはまた、Google Playストアでモバイルアプリの最新バージョンをリリースしました。iosバージョンはすぐにリリースされる予定です。ユーザーはAPPでプロフィールを作成したり、国を作成または国に参加したり、各国の他の市民とチャットしたりすることができます。 APPにはPATトークンウォレットがあります。

    スマート契約を作成したり、紛争を解決したり、評判を確立したりできる新機能が2018年にリリースされます。 Mac、Linux、およびWindows用のデスクトップアプリケーションも、2018年後半に利用可能になります。

    Bitnationプロジェクトの詳細についてお知りになりたい際は、Telegramグループ(https://t.me/Bitnation_JP)にご参加ください

  • bitnation さんのプロフィール写真

    bitnation が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 2日前

    もはやボーダーはありません! Bitnationはあなたにブロックチェーンベースの仮想国家を作成します
    世界各国の政府は官僚主義の拡散を監視し、人々の個人的な生活を絶えず侵犯しています。独裁政権のリスクは、かつてないほどに高まっています。地域の構造変化が世界を分裂させるかもしれません。しかし国家や政治家が処理することができなかった、地球規模の挑戦を解決できるソリューションがあればどうでしょうか?そんな国境のない世界があれば、そこに住む人は誰でもより自由な権利を楽しむことができますか?

    新しい世界を創造する

    概念実証・地方分権型ボーダレス自主国家(DBVN)としてBitnationは、スマートフォンアプリケーションを通じて、あらゆる国民の市民になるためのプラットフォームを提供するオープンソースの装置です。現実の世界では、人々は自分たちの経営成果を得るために互いに競争しなければなりません。しかし、これはしばしば暴力、強要、紛争につながります。BitnationのPangeaソフトウェアにより、すなわち管轄区域に参加する選択の自由が分散され、イーサリアムブロックチェーンの市民は、国を設立し、資源国に参加し、ピアツーピア交渉を行うことができます。この管轄は市民間の競争を減らすことを目的とし、そして各国に、市民のためのより質の高いガバナンスサービスのために競争するよう促します。

    iPhoneとAndroidデバイスユーザーの両方が、既にプラットフォーム上に自らの自発的な国を作り出しています。その中にはLiberland、Antifa International、Sin City、Tea PartyやRepublica Catalanaがあります。注目に値する事にCatalanaで起こっていることを考えると、Bitnationはもっと理にかなっているようです。自主国家を創設または自主国家に参加することにより、市民は国の法律および政策によって管理されるサービスを選択することができます。これらのサービスは、より多くの市民を引き付けるために自由市場で競争されます。優れたガバナンスサービスは報われます。

    Bitnationのホワイトペーパーによると、プラットフォームの目標は「ガバナンスサービスのためのグローバルな自由市場」を作成することです。その中には次の一文があります:

    「様々なオプトイン・ガバナンスサービスを提供することにより、国民のために競争する自主国家、市、および自律的なコミュニティのポスト・ナショナル・カントリーの世界。私たちの世界では、主権は国家から市民に移っており、人類はガバナンスサービスにアクセスする際に選択の自由を取り戻します。…[ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 3日前

    [ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 3日前

    XYOネットワークは、観光産業が直面する20億ドルの問題をどのように解決しますか?(No.1)

    旅先の旅行者にとって、目的地に到着したときに荷物の紛失を知り、手荷物をどこで探せばよいのか完全に分からなくなるほど失望することはありません。荷物の紛失に起因する不便さは言うまでもなく、飛行体験がどれほど完璧であっても、最終的に覚えているのは不愉快な思いだけです。これは旅行者にとって非常に悪い問題ですが、航空業界全体にとってはさらに深刻な問題です。
    業界の推定では、2016年の紛失荷物に対するコストは21億ドルでした。米国運輸省の規定によると、航空会社の国内線の手荷物遅延、紛失または破損が発生した場合、航空会社は補償のために3,300ドルまで乗客に支払う必要があり、国際便の補償は1,742ドルまでとなっています。
    しかしこの予防可能な損失に直面する必要があるのは航空会社だけではありません。レンタカー会社にとっては、乗客による自動車キーの紛失もまたかなりの問題です。不注意な顧客は何時間か後に車を返却する際、鍵を返却ボックスに入れない、もしくは何らかの形で鍵を失くすことがあります。さらに自動車の盗難はまた、レンタカー会社に頭の痛い収益損失の問題をもたらします。これは大きな問題のようには聞こえないかもしれませんが、キーの交換、および従業員によるキーの継続的な交換は、会社のコストを増加させます。
    この損失を補うために、航空会社とレンタカー会社はどのように対策を講じるべきですか?間もなくXYOネットワークは、この進行中の顧客サービスと収益の損失を解決するのを助ける事が出来ます。
    XYOは航空会社やレンタカー会社が手荷物、キー、荷物、その他の種類の資産の場所を追跡できるよう、経済的に実行可能な最先端のブロックチェーン技術を開発しました。これらのタイプのアイテムがある場所から別の場所に移動すると、その場所がブロックチェーンに記録されます。XYOは完全な透明性を提供する方法を開発し、変更不可能な分類方法によって、顧客が荷物コンベア上で荷物を取るまで、荷物の軌道を記録することができます。同様に自動車会社は上記の方法を使用して、顧客が自動車を借りた瞬間から、返却するまでの移動軌道を記録します
    XYOとは何ですか?
    XYOは現実世界のアイテムの動きを追跡する、最初のロケーションベースのブロックチェーンネットワークを構築しました。ほとんどの仮想通貨はデジタル価値交換にのみ焦点を当てています。これは金融商品や契約にしか使用できないことを意味します。一部の仮想通貨には取引機能があります。
    長年にわたる研究開発を経て、XYOはデジタル世界と現実の世界を結びつける方法を見つけました。ロケーション転送機能を備えたブルートゥースとGPSデバイスを使用することで、XYOは自分が追跡しているアイテムの場所を特定できます。実際の世界にリアルタイムの位置情報を提供できる何百万ものデバイスが存在するため、XYOはこれらの中間伝送デバイスを構築して配備する必要はありません。…[ 続きを読む ]

  • bitnation さんのプロフィール写真

    bitnation が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 3日前

    自分の国を選択する:BitNation

    パンゲアとは、すべての大陸がまだつながっていた際の統一大陸の名前です。あなたが 「なんと、私はその時が懐かしい」と言う前に、BitNationの開発者たちも同じことを言っていました。なぜだと思いますか?彼らはすべての大陸を集めて、パンゲアのような「原始的な大陸」を形成したいと考えています。多くの人が「オリジナル」を好むので、これは良いアイデアになるはずです。

    あなたはあなたの国の独裁者が好きではありませんか?問題を解決するときのお役所仕事が気に入らないのですか?他の人との問題を解決するのでなく、あなたの国はあなたと駆け引きをしますか?BitNationに参加しましょう、あなたの国の他の人たちはこのような問題を解決する事が出来ます。

    あなたと同じように、私たちは政府は国民にスコアリングをさせるべきだと考えます。このプロジェクトでは仮想国家が作成され、生活したい国を選択して選ぶことができます。人々は自分の国を評価することができるので、あなたの国が気に入らなければいつでもそれを変更することができます。このようにして、あなたはいつでも理想的な国に住むことができます。…[ 続きを読む ]

  • bitnation さんのプロフィール写真

    bitnation が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 3日前

    ANN]ビットネーションICOとのコーポレーション

    交渉や協議を重ねた結果、新しい有望なICOがウォレットに追加されたことをお知らせでき光栄です。
    ICOプロジェクトチームは、暗号コミュニティ全体にとって非常に面白く、必要だったアイデアを発表しました。

    Bitnation ガバナンス 2.0:分権化|ボーダーレス|自主的
    Bitnationは、世界初の分散型ボーダーレス自主国家(DBVN)を確立しました。Bitnationは2014年7月に設立され、世界初のブロックチェーン結婚、出生証明書、難民緊急ID、世界市民権、DBVN憲法などを始めました。
    何千ものBitnation市民と世界中の大使館が、Bitchain IDと公証人を含むWebサイトの概念証明を使用しています。Bitnationはユネスコの2017年度Netexplo アワードの優勝者であり、ウォールストリート・ジャーナル、ブルームバーグ、BBC、CNN、WIRED、VICE、TechCrunch、The Economist、Russia Todayなどの多くの企業によって報道されました。

    ポイントツーポイントプロトコル
    Pangeaは法律サービスのための分散型市場です。紛争を公正かつ効果的に解決するために、グローバル規模でポイントツーポイント契約をシームレスに作成して実装します。仲裁人を選ぶか、専門分野で仲裁人になります。

    フロンティアテクノロジー
    Pangeaは、ユーザーフレンドリーなスマートフォンチャットインターフェースを介してアクセスされる、分散ネットワークを形成する安全なメッシュネットワークです。ブロックチェーン・アグノスティックスのスマート・コントラクト機能は、現在イーサリアムで実施されているPangeaの管轄権に対して強力な刺激を与えます。

    あなたの国家
    Pangeaでは、あなた自身の分散型ボーダーレス自主国家(DBVN)を作ることができます。法的ガイドラインと意思決定メカニズムを選択し、規制を作成し、市民にガバナンスサービスを提供します。

    PATトークンは、BITNATION AMERICAS LTDによって発行されています。
    ベリーズシティ、Newtown Barracks、Marina Towers、スイート508。登録番号170.093。

    Bitnation PATトークン販売契約を読むには、ここをクリックしてください。

    PATトークンを購入する

    ホワイトペーパー

    概要

    ICOに参加するには、3つの簡単なステップだけが必要です。
    1)ここをクリックしてGoogle Playにアクセスし、Citowise ウォレットをダウンロードします。
    2)いずれの取引所でも、イーサリアムがあなたのウォレットアドレスに送信されます。
    多くのICO参加ガイドラインでは、ICO取引に参加するために、取引所から直接送金しないようにユーザーに警告しています。最初にウォレットに送金してから、ICO取引を進めることをお勧めします。トークンが正しく割り当てられています。
    3)私たちのICOのリストをチェックし、興味のあるICOを見つけます。
    Bitnation ICOの詳細はこちらをご覧ください。
    イーサリアムを送り、あなたのトークンを待ちます。

    あなたはWWW.CITOWISE.COMを通じてこのICOに参加することができます
    以下は公式のソーシャルプラットフォームです:
    Telegram Announcements:…[ 続きを読む ]

  • bitnation さんのプロフィール写真

    bitnation が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 2週前

    革新的難民プロジェクトがブロックチェーンソリューションにより
    グランプリを受賞

    BRER(BitNation Refugee Emergency Response)は、4月にNetexploで2017年のグランプリを受賞し、難民のブロックチェーンソリューションを提供しました。難民はオンライン国籍のネットワークを作成することができ、検証の後、彼らはウェブウォレットを通じて独立を取り戻すことができます。

    BitNationがグランプリを獲得

    今年4月27日、パリで第10回Netexploフォーラムミーティングが開催されました。会議はユネスコと共同で開催され、グランプリの受賞者が投票され発表されました。この賞は多くの革新的なデジタルプロジェクトから毎年選ばれるため、大きな成果となります。リーダー、起業家、研究者、ベンチャー起業家、社会学者、さらには哲学者との二日間の議論と話し合いの後—もちろん一般投票もされました—2017年グランプリは最終的にBitNationのBRER(難民応対)プロジェクトに授与されました。

    BRERプロジェクトは、状況の変化のため市民権を失った難民のためにブロックチェーン技術を通じて、オンライン市民権を創出します。これは、各難民の家族やコミュニティのメンバーが誰であるかを確認する際に、検証可能な「信頼ネットワーク」を作り出すのに役立ちます。このペーパレス市民プログラムでは、ビットコイン支払いカードも提供されているため、各ユーザーは銀行口座のアクセス許可を取得しなくても、—銀行口座が欠落しているか、エリアにない可能性がありますー独立して操作することができます。

    クレジットイメージ:賞受賞者 Amin Rafiee:BitNation難民緊急時対応/ Netexplo—この難民プロジェクトは、いくつかの国にとって特に重要ないくつかのプロジェクトの一つです。BitNationコミュニティのメンバーは、サポートと資金調達を目指して、分散型ボーダーレス国家(DBVN)に新しいプロジェクトを提案することができます。

    プラットフォーム上で普及している現在のプロジェクトには、スマートで自己実行型の児童支援ソリューション、「仮想通貨」契約の安全な「金庫」、クレジット・タイムや転送システムに代わるスマートなアカデミックトークンなどがあり、そのすべてがブロックチェーン技術を使用しています。

    NETEXPLO賞
    Netexploは2007年に設立され、ユネスコのパートナーです。 2011年以来、独立した観測所として運営されており、その目的はデジタルテクノロジーのビジネスと社会への影響を研究することです。同時に、Netexploは、フランスの上院、イノベーション、デジタル経済省など、フランス政府のさまざまな機関によってサポートされています。

    素晴らしい技術成果を達成した世界中の大学が、Netexplo観測所の国際的な研究開発ネットワークを形成しています。このネットワークプロジェクトのメンバーは、毎年デジタル技術の新しい用途を示しています。(デジタル社会を理解するための革新的でユニークなアプローチを具現化)Netexploはまた、知識の利用とアイデアの自由な流通に大きな注目を集めています。同時に、BitNationのBRER(難民対応)プロジェクトの開発と成功も、この高度な技術の価値を実証しています。

    https://t.me/Bitnation_JP

  • davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    仮想通貨イーサリアム日本初の公式コミュニティイベント、“世界の不均衡・不平等”解決に向けて(Internetwatchの記事)

    https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1114449.html

  • davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    仮想通貨“イーサリアム”を創った24歳「コインチェック流出」を語る —— ヴィタリック・ブテリン直撃(Businessinsiderの記事)

    https://www.businessinsider.jp/post-164728

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    XYO Networks、Collete Davisをブランドアンバサダーに任命

    ブロックチェーン暗号化の位置データベースネットワーク – XYONetworkは、レーシングカーのドライバーCollete Davisをブランドアンバサダーとスポークスパーソンに任命しました。
    XYO Networkは、暗号化された位置情報技術とプロトコルを備えたエコシステムを介して、人々に信頼できる場所データを提供するよう努めています。Davisは現在、ワンダーウーマンモンスタージャムトラック(Monster Jam)だけでなく、トップドリフト・レーシング・ゲームに参加しています。
    Davisは次のように述べています。「6年前私がシリコンバレーに移って程なくして、暗号通貨が私たちの未来となることを知りました。暗号通貨は急速に発展しています。この業界の進展とXYO Networkのもたらす徹底的な変化を見るのはすばらしいことです。 」
    またDavisは次のようにも述べました。「私はXYOネットワークのブランドアンバサダーになることを非常に嬉しく思っています。 」「エンジニアと起業家であるレーシングドライバーとして、この技術を人々がどのくらい速く採用できるかをはっきりと理解しています。 私はXYO Networkを代表できる事を誇りに思います。 」
    XYO Networkの共同設立者であるMarkus Levinは次のように述べています。「当社のスポークスパーソンとしてColleteを迎え入れることは非常に喜ばしいことです。データ情報の位置づけは、私たちの日常生活の基礎です。過去10年間に、測位データの使用は大幅に増加しました。XYO Networkのビジョンは、Colleteの勇気と完全に合致しています。我々はこのプラットフォームを立ち上げるために、彼女の精神と原動力をお借りできることを非常に嬉しく思っています。」

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    XYOネットワークはブロックチェーンをオフラインで実際の世界に取り込みます

    XYO Networkは、世界で初めての分散位置検証データベースネットワークの立ち上げを発表しました。XYOネットワークの暗号化位置技術のエコシステムとそのプロトコルを組み合わせることで、位置追跡技術を必要とする、すべての配信の時間または場所に依存するトランザクションを使用する市場に対応できます。
    ビットコインやその他の主流の暗号通貨は世界中に広がっていますが、ブロックチェーン技術における現在の取り組みはネットワークスペースに限られています。すべての現代のブロックチェーン、暗号通貨、トークンは、関連するプラットフォーム経済にとって経済的ツールです。これらのプラットフォームは、実際のアプリケーションではなくオンラインアプリケーションに焦点を当てています。このため、XYONetworkの主な目的は、位置追跡に基づいた技術を開発し、デジタル世界を実際の物理世界と結びつけることです。この目標を達成するために、XYOはブルートゥースとGPS追跡デバイスを、現実の世界に統合することを目的とした、成功したロケーションベースの消費者向け製品ビジネスを創り出しました。目標を達成する過程で、XYOは位置追跡ブロックチェーン技術に関する重要な研究を実施し、オフラインの世界に展開することを可能にしました。システムのオープン分散アプリケーション(DApp)開発アーキテクチャは、スマートコントラクトを実行する能力を持つ、すべてのブロックチェーンプラットフォームをサポートします。
    XYONetworkには、以下の機能を備えた技術的インフラがあります。
    •XYONetworkのデバイスエコシステムを使用して、オブジェクトの特定の平面XY座標を決定することにより、スマートコントラクトを現実世界に接続することができます。
    •ユーザはスマート契約でトランザクションを実行するアプリケーションを使用できます。
    •地理に焦点を当て、位置情報に同意して信頼できる検証を行います。
    オブジェクトの正確な位置のリアルタイム検証の精度と信頼性を保証します。
    XYONetworkを使用している業界はすでに多くあり、これらの業界は現実世界のための解錠ソリューションの無限の可能性を広げることができます。業界には電子商取引、医療機関および病院、レンタカー会社、商用航空会社の荷物ロジスティクス、保険代理店、国家安全保障機関、無人機と梱包配送システムが含まれます。

    XYO Networkには、世界のどこからでも位置情報を提供できるデバイスがすでに100万台以上あります。同社は革新的なブロックチェーン開発の技術者を含む多くの専門分野から、スポンサーシップとアドバイスを受けています。
    「ロケーション革新とブロックチェーン開発を組み合わせたXYOネットワークのアイデアは、今日のブロックチェーンで最もエキサイティングなアイデアの1つにつながっています」とXYO Networkの創始者Arie Trouwは述べています。「私たちの分散型暗号化ロケーションネットワークは、今日の世界と将来の世界の間のギャップを埋めるものですが、いまの我々は表面を掴んだだけです。XYOネットワークは、無限のアプリケーションで新しい可能性の領域を開拓しました。」

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    XYO Networkはまさにこのネットワークを開発しています
    そして、かなりの進歩を遂げています。彼らは現在、約100万のロケーションビーコンを含む世界最大のGPSおよびブルートゥースデバイスネットワークを運用し管理しています。
    「GPSを補完する安定したシステムの市場需要が長年にわたって存在しています。GPSは非常に正確で信頼性が高いですが、妨害、不正行為、サイバー攻撃などの介入も頻繁に起こります。これらの行動は、私たちの生活や経済活動に壊滅的な影響を与える可能性があります。」とResilient Navigation & Timing FoundationのエグゼクティブディレクターDana Goward氏は述べました。
    XYO Networkはこのニーズを正確に満たします。XYO Networkは、ブロックチェーン技術を使用して、あらゆる場所をトラッキングする全く信頼できない方法を作り出すことを目的としています。このネットワークでは、開発者が実世界をAPIのように操作できるネットワークを構築します。
    これは現実世界でどのように適用されますか?例えばオンラインショッピングのウェブサイトは、スマートコントラクトで住所(家庭または会社)を送信するための位置(XY座標)を作成することができます。宅配便にサインをする前に支払いをしないことに同意します。
    次に、宅配便の各段階が追跡されます。アウトバウンドデリバリーからデリバリーまでのすべてが追跡されます。荷物が目的地に到着するまで取引費用はスマート契約にとどまります。このプロセスにより、荷送人は発送の成功を保証し、買い手は商品を受け取る前に支払う必要がなくなります。
    創業者のArie Trouw氏は、「XYO Networkはブロックチェーンと現実世界を結ぶ世界初のXY座標ブリッジです。」とコメントしました。
    XYO Networkには、「XYGamma」と呼ばれるユーザー指向のWebアプリケーションインターフェイスがあります。Webアプリケーションプログラムインターフェイスは、さまざまなスマート契約言語用の開発API、およびソフトウェアライブラリを提供します。

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    XYONetwork:ブロックチェーンの将来の位置追跡
    ドローンから運転手のない車まで、電子商取引の未来は本当に素早いもののように見えます—クリックして購入すると、宅配便は1時間以内に目の前に現れます…..あるいは、これらの無人ツールは確かに、あなたの宅配便が収集と配送またあなたが受け取りのサインをされるまでの間待っていて、自分の配信任務を完了します。
    1,100万人のオーナーのうち一人に昨年宅配便を紛失したことがあるか尋ねます。または郵便受けを開けることを楽しみにしていたのに、受け取ったのは宅配業者によって残された配達の失敗の通知のみだった人にお聞きします。電子商取引は素晴らしいハイテク技術であるかもしれませんが、そのバックボーンとして、追跡と検証の方法を緊急にアップグレードする必要があります。
    新しい会社ーXYO Networkーの登場は、この問題を解決する為のものでした。同社はハードウェアトラッキングデバイスの製造でよく知られています。プロのスキルとブロックチェーンを組み合わせたXYO Networkは、データ検証のポジショニングのための全く新しい方法を生み出しました。同社は分散したネットワークを設計し、現在のすべての物理的なインターネット(IoT)デバイスからのデータと既存のテクノロジーを使用してコンセンサスを構築することができます。この分散ネットワークにより、会社は非常に正確で安全な位置追跡システムを開発することができました。
    電子商取引業界全体にとって、近い将来、小包の紛失や配達の失敗は過去の記憶になるでしょう。
    ソリューションを追跡する既存の物流が多くありますが、支払いのさまざまな段階において、盗難、詐欺、人為的ミスなどの脆弱性がぎっしりと詰まっています。おそらくあなたは玄関の前にトイレットペーパーのロールの宅配便が放置されても受け入れることができますが、…[ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    XYO、GEO(Polyglot)を買収し、暗号化ロケーション技術の開発を強化(2)

    GEOデベロッパーライブラリへのアクセス

    XYOネットワークとGEOは、コラボレーションの任務を継続しながら、開発者がコードをホストおよびレビューし、プロジェクトを管理し、ソフトウェアを構築してGEOに付加価値をもたらすライブラリを提供しています。

    GEOは以下のGEOライブラリへのアクセスを提供します:

    ノード:ユーザーはブルートゥース経由でノードと通信し、特定の時刻に位置証明証印を生成します。ノードは各ノードに固有のプライベート/パブリックキーペアを生成します。

    サーバー:ホストサーバーは、既知の公開ロケーション証明書および照会可能なAPIを提供します。

    ユーザクライアント:GEOユニバーサルモバイルアプリにユーザーが接続し、デバイスに接続し、位置証明を保存します。ユーザーはWeb3を使用して独自のイーサリアムパブリック/プライベートキーを生成することができます。このパブリックキーはWeb3に保存されます。パブリックキーは、位置証明の生成時にGEOノードに送信されます。

    位置証明の確率:スマートコントラクトを使用して、ブロックチェーン上の位置証明を検証し、確率モデルを使用してユーザーのプライバシーを保護します。

    サンプル契約:GEOネットワーク上に構築されたサンプル契約で、対面コミュニケーションを促進し、GEOロケーション証明を使用して参加ユーザーに資金を返還します。

    絶えず変化するXYOネットワークの為に新しい製品ポートフォリオを追加
    XYO M&A GEOは、オープンシステムを確立するためのGEOスペースブロックチェーン技術の使用を促進しています。

    「私たちの目標の1つは、価値のあるプロジェクトを見つけて、GEOのようなチームに資金と開発リソースを提供することです。これらのプロジェクトを成功させるために、ハッカソンなどの関連活動を支援します。私たちの最善の利益を満たすことは、暗号化測位技術の開発を促進することにもなります。」とLevinは述べています。

    このコミットメントのデモンストレーションとして、XYOは最近Prysmatic研究所に資金を提供しました。同時に、研究室は最初のイーサリアム財団グラントの一環として、イーサリアムの創設者Vitalik Butrinから10万ドルのグラントを受け取りました。

    「私たちは他の暗号化ブロックチェーンプロジェクトのサポートを評価し続け、さまざまなプロモーションを通じて可視性を維持しています」とLevinは付け加えました。

    暗号化測位技術リーダー
    さまざまな形態の商取引が位置データにより依存するようになるので、将来のスマートシティとスマートな企業は、そのデータへの依存度を指数関数的に高めます。
    しかし、このニーズを満たすにおける最大の課題の1つは、信頼性の高い位置データを提供するための、より効率的で安全な方法の見つける事です。現在の測位技術は、将来の開発を妨げる要因の1つです。

    この課題に対応してXYOは、現在と将来のギャップを埋めるために、暗号化測位技術とプロトコルエコシステムを通じて、信頼性の低い位置データを達成することに努めています。
    [ 続きを読む ]

  • XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 3週 2日前

    日语
    XYO、GEO(Polyglot)を買収し、暗号化ロケーション技術の開発を強化(I)
    サンディエゴにある XYO Network は、最近、暗号化と測位技術の開発のリーダーであるGEOの買収を完了しました。EthDenverの時代に戻ると、米国のイーサリアムの最大規模のハッカソンの1つで、XYOは同社とその背後にあるチームに気付きました。

    XYOの共同設立者であるMarkus Levinは、「GEOが当社の暗号化ロケーションポートフォリオに加わったことを非常に嬉しく思っています。」「GEOはXYOに新しい機能を追加しました。これはデバイスオブジェクトの存在を確実に通知することができ、プロセス全体でネットワーク経由でプライベートデータを送信する必要はありません。」とコメントしています。

    EthDenver ハッカソンは2月中旬に開催されました。36時間の競技会に招待された各チームは、優れたアイデアを持ち、イーサリアムネットワークを使用する新しい方法を模索し、分散した未来の構築に貢献しました。審査は、実用性、デザイン、技術の複雑さ、創造性、多様性の認識、世界をより良いものにするための6つの基準に基づいていました。

    「GEOのXYOに対する付加価値をすぐに認識したため、セキュリティ、プライバシー、匿名のロケーション検証が改善されました」とLevin氏は付け加えました。

    GEOは3人の優秀な大学生によって構想され、建設されました。そのうちの1人は世界的に有名なハッカーJack Cableです。Cableは、2017年に空軍のHack(Hack the Air Force)メンバーとして世界中の600人のハッカーと競争した事でよく知られています。ハック・ザ・エアフォースは、米国国防総省とバグバウンティプラットフォームであるHackerOneのパートナーシップです。Cableは空軍ウェブサイト上の40の抜け穴を発見し、これにより彼は順位表のトップに立ちました。

    カリフォルニア大学サンディエゴ校の優秀な新入生Owen ShenとZefram LouがGEO EthDenverチームを結成しました。2人はブロックチェーン技術の分野で注目を集めています。Shenは最近、グーグルのハッカーに加わる準備をしており、Consensys社のコンサルタントの招待も受けました。しかし、XYOによるGEOの買収により、両者は最初のブロックチェーンエンジニアとしてXYOに加わり、Kabourはコンサルタントとして参加しました。

    GEOの仕組みのクローズアップ
    GEOプロトコルは、誰でも簡単に分権化し、分散ネットワークの場所を重大なオーバーヘッドなしに検証することを可能にします。

    企業において位置確認をする必要がよくありますが、従来の指標(GPSなど)ではエラーが発生しやすい状態です。 GEOはこの課題ににさまざまな方法でアプローチしています。これは、固定された物理的な場所に設定されたデバイスであるノードを中心にしています。ユーザーはブルートゥース経由でノードに接続し、特定の時刻に特定の場所にユーザーが表示された場合にのみ生成される、固有の位置証明証を受信できます。

    GEOは、署名を2通りに配布できます。 自分の署名を非公開にしてデバイスに保存したいユーザーは、スマート契約を通して契約の証明を確認することで、位置証明を提供することができます。…[ 続きを読む ]

  • davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1か月 1週前

    イーサ創業者 取引所をハッキング耐性にする技術開発(コインテレグラフの記事)

    https://jp.cointelegraph.com/news/buterin-presents-blockchain-scaling-solution-that-could-make-exchanges-hack-resistant

  • もっと読み込む