(重要)リップリング機能について

同じ通貨で複数のゲートウェイ残高を持っている場合、「リップリング」機能をONにしていると残高はゲートウェイ間で自動で変わってしまう可能性があります。

たとえば、$100のSnapSwap USDと$50のBitstamp USDを持っていて、「リップリング」機能をONにしていると総残高は変わりませんが$0のSnapSwapUSDと$150のBitstampUSDに自動的に置き換わる場合があります。

これは、2014年3月11日付で修正されていますので、それ以は起こらないようですが、以前にリップリングしている場合は、手動で確認して、リップリング機能をOFFにする必要があります。通常は特に問題はないのですが、ゲートウェイが倒産した場合、気付かないうちに置き換わったIOUは現金化できなくなるので注意が必要です。(いすれにしても倒産したゲートウェイのトラストの削除を強くお勧めします。受信時はリップリングのON,OFF関係なく置き換わる可能性があります)

(海外のゲートウェイは、初期設定で「リップリング」機能がONになっているものがあります。日本のゲートウェイは初期設定で「リップリング」機能をONにしているゲートウェイは今のところ確認できていませんが、念のため確認しておいたほうが良いと思います。)

 

確認方法

1.公式リップルトレードのサイトにログインし、右上の歯車のマークをクリックし、「設定」をクリックします。

2.次に左側の「詳細」をクリックし、与信限度額のAdvanced settingsのところの「表示」をチェックを入れます。そして、保存ボタンを押します。

3.次にリップルトレード画面上部の「資金」をクリックし、左欄の一番下の「ゲートウェイ」クリックします。

4.すると自分のトラストしているゲートウェイがリストアップされます。「リップリング」機能がONになっているか、OFFになっているかをここで確認できます。

5.ONになっているものは、編集をクリックし、リップリングのチェックを外し、保存を押します。するとリップリング機能がOFFになります。

(リップリング機能のON,OFFは、各々のゲートウェイごとに行います。)

以上の方法で「リップリング」機能をOFFにできます。ご参考になさってください。

※Rippleからのゲートウェイに関するお知らせもご参考ください。

https://ripple.com/files/GB-2015-04.pdf

その他、リップリングに関する知識について(日本語)
リップリングについては役に立つ時もあり、Rippleの便利で重要な機能とも言えますが、よく理解できない場合はOFFにしておくことをおすすめします。

https://ripple.com/knowledge_center/understanding-the-noripple-flag/

著者: davidtojp(管理人)
カテゴリー: リップル
日付: 3月 14, 2015
コメント:

2 個のレスポンス
  1. 参考になりました。

    確認してみたらJPYのひとつがリップリングONになっていてビツクリ。
    意図してONにした記憶はないのでデフォルトでなってたのかも。

    助かりました。
    ありがとうございます。m( _ _ )m

    • 日本のゲートウェイでもデフォルトでONになっているのもあるのかもしれませんね。
      知らないでONになってると焦りますよね。私も調べて焦りました。

      お役に立てましたら、嬉しいです(^-^)

回答を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ただいま4人がオンライン中(5分毎カウント)
アクティブなゲスト4人, アクティブなメンバー0人