未分類
RippleがW3Cのウェブペイメントワーキンググループに参加することの意味

オンライン小売は、Web誕生以来発展してきており、世界的な現象となってきています。 アマゾン、eBay、楽天のようなEコマースプラットホームは、世界的な存在感を持っています。

これらの世界的なEコマースプラットホームとは別に、店舗販売を行う個人商店を含む小規模オンライン企業は言うまでもなく、異なる地域の要望を満たす数千ものプラットホームがあります。

インターネットによって、オンラインである限り、企業の大小にかかわらず、地理的境界にかかわりなく全世界の要求を満たすことが可能になりました。

世界中の購入希望者に手を差しのべることは、オンライン小売業者にとってより簡単になってきましたが、彼らの手の届く範囲を売上に変えることはまだまだ大きな課題です。

ユーザーが決済のトランザクションを完了しない限り、販売は決して完了しません。そして、クロスボーダートランザクションは未だに完璧ではありません。

現在、さまざまな国には人々が広範囲に使用する好ましい支払い方法がありますが、その方法は他の国では働かないかもしれません。開発途上国やロシアや中国のショッピングサイトで支払いを完了することはまだ完璧ではありません。時として非常に難しい時があります。

これらのeコマースサイト上の完璧なトランザクションを確保するために、世界標準を実装する必要があります。

W3Cはそれを率いるペイメント産業から専門家とウェブペイメントワーキンググループを設定しています。

http://www.w3.org/2015/09/webpaymentswg.html.en

そのウェブペイメントワーキンググループの共同議長としてエイドリアン・ホープ・ベイリー(リップル)とニック・テルフォード・リード(WorldPay)のリーダーシップの下でこれから、どこでも、誰でも使用することができる、様々な決済方法を模索することになります。

開発途上国や先進国における新興の支払方法を問わず、評価され、それらの最高のものは選考されていきます。

全体のプロセスの最後には、 W3Cのウェブペイメントワーキンググループは、世界のどこでも、任意のプラットフォーム上で実現することができる支払いや通信のための標準化された手順、標準的なお支払い方法を考え出すでしょう。

RippleはこのWebの世界標準化を目指すグループの議長としてリーダーシップを取っています。

Rippleは、今年2月から水面下でこの一般消費者へのアプローチを始めています。

Interledger Protocolと共に、それはWeb全体へのアプローチです。

銀行だけへのアプローチを見ていたら、仮想通貨の未来を見誤ることでしょう。

Rippleは、エンドユーザーを決して忘れてはいません。

著者: davidtojp(管理人)
カテゴリー: 未分類
日付: 11月 1, 2015
コメント:


ただいま12人がオンライン中(5分毎カウント)
アクティブなゲスト10人, アクティブなメンバー2人