• 2014年8月22日 9:42 AM

    相対的にそうなると言われればそれまでなんですが、以前まではBTCが上がるとXRPが下がり、XRPが下がるとXNFが上がるという感じでした。
    ただ、ここ最近(1ヶ月前くらいかなあ?)BTCが下がってXRPも下がる、もしくは仮想通貨全体でさがる。もちろんXNFも上がらないか現状維持のような感じが続いているような感じを受けてます。
    多分、上げ下げの要因が複雑化して初期の頃のような単純な視点では読めなくなってきました。
    そこで、このグループに参加している方に聞きたいのですが、何を基準に売買しているのか?教えてもいいよという方がいれば参考にさせていただきたいです。
    あと、情報収集をどのようにしているのか?
    言い出しっぺなので私の場合はブラウザでリップルウォレット、RippleCharts,XNF/XRPのチャート、Crypto-Currency Market Capitalizations、twitterで仮想通貨関連のリストを開いてます、以上をタブで開き、その他にはここと、facebookのグループ、たまに2chを巡回してます。

    あと、もし自動売買されている方がいましたら話を聞きたいです。

  • 2014年8月22日 6:52 PM

    いろいろな情報源が知れ渡り、単純な投資活動では無くなって相関関係が崩れてきたのかもしれません。

    私は今は毎日売買していなく、特殊な仮想通貨や応援している仮想通貨は、長期投資でホールドしつつ、短期、中期の投資では前に書いたようにプログラムを組んで主に移動平均かい離率を分析して、その戻りを狙って投資しています。他のテクニカル指標については主に売られ過ぎ、買われ過ぎを分析する単純な指標で、補助的に使っています。

    大きなニュースが出た時、悪い情報が出た時、時々理由が無い時、わからない時でも数値が大きく変化しますので、その戻りの力が大きくなった時、全体の動きを確認して投資するようなイメージです。これは短期、中期トレードなので大きな売り材料が出た時は、迷わず売ってしまいます。

    こういう、サービスや詳細な分析チャートは提供しているところが無いので、将来サービスとしてやってみたいなと思っています。

    全体の動きを森を見るという形で使っているのは下記のように多くの人が見ているだろうチャートを使っています。ビットコインのチャートを見ることは欠かせないです。

    http://bitcoincharts.com/charts/bitstampUSD#rg60ztgSzm1g10zm2g25zv

    https://bitcoinwisdom.com/markets/bitstamp/btcusd

    他の情報源としては、いろいろな通貨に投資していますので、まず、まっさらなツイッターを用意して、仮想通貨だけをフォローする専用のツイッターを作って、大きく数値が変化した時の理由も早く掴めるようにしています。主にフォローしているのは投資している個別仮想通貨ツイッターや仮想通貨専用ニュース等をフォローしています。

    自動売買も挑戦したい気もするのですが、まだできていないです。

  • 2014年8月22日 8:57 PM

    ビットコイン中心で売買していた頃は私も、bitcoinwisdomをいつも利用させてもらってました。
    今はリップル、最近ではステラにも手を出してあまり見ることは無くなったのですが、やはり見やすいですね。
    ビットコインの影響は大きく、周りの仮想通貨も引っ張られますのチェックしますが、現在はスマホのBITCOIN TICKERというアプリでBitstamp,BTC-e,BTCChina,Krakenの情報をチェックしてます。

  • 2014年8月23日 9:55 AM

    僕は上がるか下がるかをチャートやニュースから予測して売買するのは疲れますが、データを分析して法則や相関を見つけて試験的にいろいろやってみるというのは興味があります。

     

    例えば、最近ではモナコインが上がったりとかイベントがありましたが、そういうマイナーな暗号通貨が急激に上昇するときの特徴とかありませんかね。海外の掲示板でマイニング勢が急に他に動き出す書き込みがあるとか、出来高とマイニングコストが今までの数倍になるとか。そこまで急上昇の例ってあんまりないのかな。

     

    あと、チャートとはまた別のアプローチになるかもしれませんが、このコインが下がると、数日後数時間後には、他のコインが上がるとか、POS系POW系でお金の流れがどうとか。

     

    本職トレーダーの人とかは根底のお金の流れ(どれくらいがどこから流れて普段はこの程度のお金が流動的とか)を掴み取ってる気がするけど、こういうのって勉強と経験が必要なのかな?そこまで見えるようになると、考えるのが楽しそう。

     

    あと、リップル上で日経平均株価みたい感じで連動するIOU(計算はこちらでやってチャートで告知)、相場は市場任せみたいなの発行すると、ちょっと違うデータや、将来的にできそうなサービスなので面白いかもしれません。POS系代表5コインに連動するとか。取引基軸通貨は、JPYとかUSDドルの方がわかりやすくていいですね。こういうのって株とかではあるけど、実際のリアル通貨ではないのかな。そこまで広い価格推移がないからなのだろうか?

     

    最近プログラミング始めたから数値を抽出して計算していろいろ分析してみたいです。

  • 2014年8月23日 10:02 AM

    >>daviさん

    自動売買ってプログラム的には難しいものなんですかね?

    FXとかは自動売買ツールとか販売してそうだけど、暗号通貨はまだそういうのないのかな。

    ということは・・・(ゴクリ