• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「Loyyal総合 グループのロゴLoyyal総合」グループに投稿しました。 3年 5か月前

    昨日のCOVAL UPDATE 1016の翻訳となります。

    https://medium.com/coval/coval-update-1016-21c55ce3ccee#.bo5i9wemi

    シャノン氏と私は共通する多くのものを持っています、そして、それは私達が一緒に働く理由です。アイデアが価値があると判断した時、私達は継続し、成熟した概念へと進化させ、プロトタイプに変えることができる大きい思想を持つ者です。
    時に、独自サービスに変えることに意味があります。これは最近、数週間の内にCOVALの開発で起こっているいくつかのことです。

    私達は、ステガノグラフィー関連のテクノロジーに魅了されます。私はオーディオの文脈においてこのトピックをシャノン氏と議論し始めました。

    前のアップデートで論じるように、VOCALはCOVALの仮想通貨と技術の蓄積を統合する最初のアプリケーションです。

    それは、オーディオにフォーカスする概念(他のコンテンツが同様にパブリッシュすることができるけれども)です。私がオーディオ・パブリッシング・ツール(ポッドキャスティング、アグリゲーター、ウェブプレーヤー/レコーダー、再ミキサーアプリなど)にフォーカスするのははじめてではありません。これはそうする絶好の機会と計画のように見えます。

    私達は、オーディオ・パブリッシング・プラットフォームの開発と希望をそれを使う創造的な人々のネットワークに加えます。そして、私達はいくつかのユニークな暗号機能を追加したいと思います。私達はステガノグラフィー(データを第三者から見えない形で埋め込む技術)と電子透かしを使用します。

     

    ステガノグラフィーとオーディオ電子透かし

    暗号ギーク(オタク)として、私達は、セキュリティ、秘密の共有、匿名性とゼロトラストテクノロジーに深く興味を持っています。私達は周辺テクノロジーに実用ケースを見る傾向があり、私達は、ステガノグラフィーとオーディオ電子透かしを中心に行うことがこれのよい例であると思います。私はVOCALプラットホームにそれをもたらす努力し、調べることに若干の時間を費やしました。

    私は、オーディオファイル内のパブリックキーとビットコインアドレスを基本的に結び付ける機能を提供し、無記名債券の価値交換の性質を模倣する進歩的な概念にステガノグラフィーと電子透かし技術を結合する方法に取り組んでいます。

    私達は、いろいろな使用事例を検討しました。それがVOCAL開発プロジェクトのフォーカス事項であり続けるならば、これが意味するものについて次回のアップデートでより今後のことを話せると思います。
    私達は、オーディオ・電子透かしを入れる専門のオーディオ・エンジニアとも協力しています。 将来のこの関係に関するより多くのことは更新されます。

    オーディオと暗号化に関するビジョンの初期コンセプトは以下の通りです。

    View post on imgur.com

    この例のフローは、アリスとボブの間のゼロ知識/信頼(トラスト)で仮想通貨の価値転送を可能にするクライアント側エンコーダ/デコーダウォレットアプリについてです。
    私達は、この計画に取り組んでいます。しかしに取り組んでいることを完全に理解するためにビジョンを共有するでしょう。

    アリスは、オーディオウォレットファイルを使用して、ボブに仮想通貨を送ります。
    アリスは秘密鍵にアクセスしませんが、bitcoinアドレスに資金を提供します。
    ボブは資金を使うことや引き出すことができます。或いは現状のままもつことができます。
    ボブは、秘密鍵へのアクセスを取得します。
    (補足:オーディオメッセージ付きで仮想通貨を送れるものと思われます。)

     

    Ŏdeōkee(補足:語源はaudio keyということです)

    VOCALプラットフォームとオーディオ・電子透かし技術に関連し、私達は、odeokeeと呼ばれるコンパニオンアプリを開発し始めました。これは時間をかけて進化しますが、最初の簡単なクライアント側のオフライン対応「オーディオ・ウォレット」ジェネレーターとして機能します。このアプリは、ゼロ信用が重要なケースのため、VOCALで機能します。私達は、このアップデートでこのコンポーネントについてのより多くの詳細を説明する準備ができていませんが、それはエキサイティングな実験です!以下はオーディオウォレットを生成する初期段階の短いスクリーン画面です。

     

    VOCAL APP

    私達は、ウェブとモバイル・アプリを共同開発しています。両者は機能的で、ソーシャルネットワークのような環境で期待される共通機能やメッセージング機能だけでなくオーディオ・コンテンツおよび他のフォーマットでの簡単なパブリッシングを可能にします。

    ここで草分け的なものはないけれども、それは、COVALの蓄積したコンポーネントを使って統合される、より興味深い機能の堅固な基盤です。

    これは、アプリにおいてCOVALの仮想通貨がシームレスに使われることを可能にします(同時にユーザーウォレットとして機能します。)
    私達がAPPの両方のバージョン上でまだ機能性と特徴を肉付けようとする初期のインタフェース設計段階なので、画面ショットはここで表示しません。

    まだ、これらの機能を磨くことが必要です!でも、オーディオ投稿を表示するWebアプリケーションの初期の画面はここにあります。:

     

    ゲームと8ビットピクセルアート

    私たちの別の焦点が、COVAL をゲームに統合することです。
    現在、COVALは、他のプロジェクトにより使われうる一般的な仮想通貨であることを意図しているので、私達は、既存のデジタルエコシステムを魅力的にする方法およびどのように推進力を得るかについて考えていました。

    このユーズケースを実証するために、リソース面で効率的なことは賢い方法です。
    そして、概念コンセプトを促進します。iOSとアンドロイドアプリを開発するには時間がかかります。そして、凄いアプリを作ることは、大きなコストがかかります。

    私達は、ゲームにおいてスマートフォンアプリへのアプローチの代案として8ビットゲームを考えています。2017年後半に、私たちはiOSおよびアンドロイドゲームを構築するつもりです。

     

    Pico-8, Voxotron, PocketCHIP

    私は、Lexaloffle社によるPico-8とVoxotronと呼ばれるプラットフォームに興味を持っていました。
    だから、COVALを我々のゲームとこれらのLexaloffleプラットホームで他の8ビット・ピクセルゲームに統合することから始めませんか?

    これは、ゲームの統合のプランです。私達は、また、Pico-8互換の非常にクールなPocketCHIP(ポータブル・コンピュータとしてのCHIPボード)により動機を刺激されています。
    レトロな方向に行くことは、モバイル ゲームやアプリの世界で意外な動きに思えるかもしれません。

    しかし、それはハッカーやアーティストにユニークでエキサイティングな文化をもたらすと思います。
    私達はこれらのプラットフォームに取り組む間、それらのユーザーと開発者コミュニティと対話し、COVALを彼ら自身のバーチャルな「(ゲーム)カートリッジ」に組み込むことを手助けします。

    私達はまた、p8.pngカートリッジファイルのフォーマットがステガノグラフィーおよびオーディオ電子透かしに適合すると思います。VOCALとこれらの8ビットゲーム統合の努力の結果、いくつかのクールなマッシュアップを見ることを期待してください。私達にはこれについて若干のクレージーなアイデアがあります。ご期待ください。

    ※参考
    レトロスタイルのゲーム制作ツール「PICO-8」

    http://www.webcyou.com/?p=7231

    Voxotron

    http://www.gamespark.jp/article/2014/03/12/46992.html

    その他の参考動画

    https://www.youtube.com/user/lexaloffletv/videos

    PocketCHIP

     

    Counterpartyへの移行

    私達は、2016年内にCounterpartyへの移行を完了することを期待しています。私達は、レガシーチェーンの完全な移行前にCOVAL.XCPトークンを条件付きで使うかもしれません。COVALの現在の保有者は、新しいトークンに変更する時、1:1より高い比率を受け取るでしょう。

    トークン供給数は増加しませんが、私達は、正確な総発行数がRBRプロジェクトのプレマインを含むのでこれを確定する必要があります。

    私達は、プレマインのいくらかの量を(バーン)燃焼させ(減少させ)、論理的な経済モデルを調整するためにその他の措置を取るでしょう。
    これらの詳細はまだ未定です、そして、次のアップデートの後に、コミュニティからのフィードバックを求めるかもしれません。

     

    モバイルアプリ開発アップデート

    モバイルアプリの開発は進行中です。それらがAppストアから発表される前に、アプリケーションのベータ・アクセスを提供するでしょう。

     

    償還(引換え)ネットワーク

    COVALの最も重要なおよびエキサイティングな機能のうちの1つは、価値を別の形に変換する能力または「償還(引換え)」ポイントです。私達が、これを可能にすることを計画する方法があります。一つはhttp://giftbit.comとの統合です。これは、何千もの店舗とオンラインですぐに使える価値としてリワード(報酬)の交換を可能にするでしょう。

     

    COVAL の景観(ランドスケープ)

    View post on imgur.com

    • 管理人様、翻訳ありがとうございます。
      CovalのサービスのワンオブゼムとしてLoyyalが位置づけられるという理解であっておりますでしょうか。
      Loyyalにとっての唯一の仮想通貨としてCovalがポジションされるのでしょうか。

    • みん の返信 (3年 5か月前)

      管理人さん、翻訳ありがとうございます!補足等もつけていただいて嬉しいです。
      いまいち、Counterpartyへの移行にどのようなメリットがあるのかがよくわからないでいるのですが、引き続き自分でも調べてみようと思います。モバイルアプリが完成するのが楽しみです。

      • akira の返信 (3年 5か月前)

        いつも翻訳ありがとうございます。Loyyalのドバイポイントも動きだそうですね。

        https://twitter.com/gregorylsimon

      • しがないさん
        Loyyalエコシステムに参加しているサービスの一つとしてCovalは存在しています。
        Loyyal は、独自の仮想通貨 を作成しておらず、Loyyalは、エコシステム内で基本的にはポイントを仮想通貨としてみなしません。Loyyalエコシステム内で現在存在している仮想通貨はCOVALだけで、ポイントを交換できる仮想通貨もCOVALだけです。(交換できるのはLoyyalエコシステム内でCOVALと提携したポイントのみです。)

        ミントさん
        Counterpartyへの移行することによって、アルトコインのブロックチェーンからビットコインのブロックチェーンに移行になります。セキュリティーについてはより強固になると思います。そして、カウンターパーティはEVM(イーサリアムバーチャルマシン)を使用して、スマートコントラクトを使用することができるようになると言われています。
        これはイーサリアムと同等のスマートコントラクト機能をサポートし、イーサリアムからの全てのSolidity(イーサリアムバーチャルマシンのコードにコンパイルするために設計された言語)やSerpent(イーサリアムコントラクトを書くために使用されるプログラミング言語)のスマートコントラクトは、ほとんどあるいは全く修正無しでカウンターパーティで動くと言われています。これによって、より高度な使用を期待できます。(イーサリアムDappなど)

        Counterpartyの移行は、LoyyalのポイントのエコシステムとCounterpartyの仮想通貨エコシステムの両方を活用できる仮想通貨になることを意味します。

        • >管理人様

          お教えありがとうございます。
          Covalには様々なサービスがありますがLoyyalの発展≒Covalの価値と言えそうですね。

          • イーサリアムのスマートコントラクトやCounterpartyのエコシステムからも恩恵も受けることができますが、基盤としてのLoyyalの発展がCOVALの価値と言えると思います。

            • みん の返信 (3年 5か月前)

              管理人さん、とてもわかりやすく教えていただきありがとうございます!loyyalは世界的なプロジェクトですからセキュリティの面でも安心でき、様々な機能を実装することのできる通貨にcovalは、なろうとしているのですね。本当に楽しみになってきました!