• km10 さんのプロフィール写真

    km10 が「iXledger(旧:insureX) グループのロゴiXledger(旧:insureX)」グループに投稿しました。 5か月 4週前

    先日更新されたホワイトペーパーの一部翻訳です。
    日本人テレグラムから転載させてもらいます。
    テレグラムで予告されていたburnの詳細が書かれています。
    これによって元々少ない流通枚数が更に減っていきます。

    4-5 IXTトークン
    IXTトークンは取引やプラットフォーム上のその他のやり取りに使用されます。ホルダーの側から見れば、トークンはサービスに対する前払いに位置付けされるべきであり、トークン使用の目的は、支払いの簡素化及びプラットフォーム使用による取引手数料の縮小にあります。
    全ての取引及びやり取りはIXTで表示され、簡単な比較と統一された課金体系を可能とします。
    プラットフォームアカウントに転送されたトークン或いはプラットフォームで購入されたトークンは外部のアカウントに転送出来ません。

    4-6 トークンの割当
    我々はクラウドセール期間で計65,778,844IXTを発行しました。この中から全供給量の24.08%つまり15,839,549IXTをチームと会社の準備金としてプールしました。

    4-7 予備資金
    初期予備資金: 10,000,000IXT
    予備資金はIXTトークンが公正かつ制御された方法で確実に運用されるように使用されます。予備資金からのトークンは、必要な流動性を提供し、短期の価格上昇をスムーズにする為に利用されます。予備資金が枯渇すると、プラットフォームが受けるトークンによって補充されます。この補充は週1回行われ、やり取りはサマリーの形で可視化されます。
    予備資金により、プラットフォームの巨大化に伴うインフレなどの価格上昇をコントロールしながら、トークンホルダーに安定した価格を提供することが可能になります。
    プラットフォームの巨大化に伴い、準備資金の増大を要する可能性がありますが、この場合、トークンをバーンすることで必要分を賄います。

    4-8 チームの取り分
    初期量: 5,839,549IXT
    我々チームの取り分の目的は、主にチームへのインセンティブの為です。これによりチームメンバーがトークンの価値を高めるように努力します。
    またチームトークンはプラットフォームの初期利用者に期首残高を割り当てる為にも使用されます。さらに3ヶ月間の無償使用権や第三者の紹介報酬などにも利用されます。我々はこのアプローチで大きなネットワーク効果を達成することを目指しています。

    4-9 トークンのバーン
    プラットフォームから受け取ったトークンは、しかるべきコストをカバーした後バーンされます。バーン量の詳細は必要量を吟味し毎月決定されます。
    運転資金
    これにはプラットフォームを運用するのに必要なインフラコストが含まれます。中長期的にはマイナーにブロックチェーンを開放し、報酬としてトークンを付与することも計画しています。
    成長
    新規顧客紹介者、新たなサービスの提供者、マーケティングや宣伝を担当する者に報酬が用意されます。
    準備金の補充
    準備金は一定量の確保が望まれる為、プラットフォームの成長に比例してサイズの増やす可能性があります。
    不要になったトークンは取引ごとにジェネシスブロックのアドレスにバーンされます。これにより効率的に不要トークンが不活化されます。その他構想中のバーン方法に、「墓場の契約」というものがあり、これは見て明らかなように、トークンを破壊します。

    4-10 トークンの購入
    IXTマーケットプレイスを利用する顧客はプラットフォームから直接、クレジットカードや銀行振込にてトークンを購入することが出来ます。プラットフォーム上で購入されるトークンは、顧客の代わりに取引所から調達されます。こうすることにより、トークンの価値は市場に反映されると同時に、顧客はスムーズにトークンを活用することが可能となります。
    購入されたトークンは、ユーザーアカウントに紐付けされ、かつプラットフォームにより十全に管理されるウォレット(金庫番)に保管されます。
    IXTトークンは既にいくつかの取引所に上場していますが、我々はさらなる上場による流動性の増大に努めています。トークンの流動性が高まれば、顧客は様々な方法でプラットフォームを維持することに努めるでしょう。顧客以外の方々は、取引所でトークンの売買をする必要があります。

    4-11 活動内容
    報酬または報奨金を提供する活動例は以下のとおりです。これらはプラットホームが成長するにつれ、順次追加されて行く予定です。プラットフォームはトークン量とアドレスを発行するIXT転送ウィンドウも搭載しています。我々のオラクルペイメントは公開イーサリアムブロックチェーン上で取引を行います。

    活動例(以下価格未定)

    ・保険申込
     保険申込書を市場に提出する側がトークンを払い、受取手は無料、差額はプラットフォームへ移行し ます。
    ・保険の見積もり
     見積もりが合意されれば提供者にトークンが付与されます。
    ・注文確定
     取引が成立すれば双方に課金されプラットフォームへ移行します。
    ・新規紹介
     新規顧客の紹介はプラットフォーム成長に寄与する為トークン付与の対象となります。
    ・期間限定サービス
     立ち上げの初期に限り、顧客には期首残高が付与されます。

    データ
    データはプラットフォーム上で売買可能です。正確な機能は開発の第二段階で予定されているので、詳細に関しては未定です。

    プレミアム機能
    プロフィール表示、連絡先、研究資料といった詳細な統計情報などのプレミアム機能のロックを解除する際に課金されます。