• XYO Network さんのプロフィール写真

    XYO Network が「イーサリアム総合 グループのロゴイーサリアム総合」グループに投稿しました。 1週 2日前

    XYOネットワークは、観光産業が直面する20億ドルの問題をどのように解決しますか?(No.2)

    XYOは旅行業界においてどのように収益を増やすか
    キーと手荷物の位置を追跡することにより、XYOはこれらのアイテムの置き忘れによる収益の損失を減らすことができます。XYOは、キーリングにフィットして荷物に取り付けたり、荷物の中に入れたりすることができる、小型で手頃な装置によってこの位置追跡能力を提供することができます。以下は、現実世界で起こり得るケースに対するソリューションです。
    レンタカー会社
    顧客がレンタカーキーを間違った場所に置いたり、またはうっかりキーを持ったままレンタカー会社を離れたとします。この場合レンタカー会社はXYOネットワークにログオンし、特定の自動車キーの正確な場所を見つけて、誰がそのキーを持っているかを判断する事で、簡単にキーを探し出せます。キーと顧客情報がデジタル的に分離されていないため、レンタカー会社は顧客の連絡先情報を知ることができます。
    レンタカー会社はこの技術を使って盗難車を追跡し、さらに多くのコストを節約することができます。キーリングに追跡装置を設置するだけでなく、車自体に追跡装置を設置することもできます。車が盗まれた場合、車が傷つくのを防ぐためにできるだけ早く車を見つけることが重要です。もちろんレンタカー会社は、キーリングや車にデジタル接続されていないため泥棒の情報を知ることはできません。しかしレンタカー会社はリアルタイムで自動車の位置を追跡することができます。
    レンタカー会社は車が盗まれたのか、それとも顧客が使用しているのかをどのように知ることができますか?XYOはブロックチェーン上でスマート契約を使用しています。スマート契約を使用すると、費用を支払う顧客の施設に車がデジタル接続されていない場合、ロケーションベースのスマート契約によって”アラート”が発生します。このアクションはレンタカー会社に、車が盗難されている可能性があることを通知します。
    航空会社
    荷物の紛失は航空業界にとって大きな課題です。彼らは顧客の失われた荷物を返済しなければならないだけでなく、多くの顧客サービスに多くの時間を費やさなければならず、これは通常航空会社に否定的な宣伝をもたらし、乗客の不満を引き起こします。現在手荷物は基本的に、輸送プロセス全体の間に間隔をあけてスキャンされます。しかし、これは依然として手荷物の損失の発生を防ぐことはできません。
    もちろん荷物の紛失は航空会社の負担となるだけでなく、大部分は乗客自身の負担となります。顧客が手荷物紛失請求を開始しない場合、基本的に何も起こりません。しかし顧客がクレームを提出すると、状況は複雑になり始めます。クレームの提出は、顧客が荷物を引き取るための長い歩みの第一歩に過ぎません。
    この問題を解決するために、XYOの追跡装置は乗客の荷物位置を継続的に伝えることができます。航空会社は特定の荷物の場所を知ることができます。この航空会社のコスト節約措置では、暗号化測位技術が使用されます。手荷物の手動スキャンは余分なものとされ、最終的に時代遅れになります。
    追跡装置は各航空会社の独自のものである必要はないので、装置はトランクに入れたまま、異なる航空会社で使用することができます。これらのデバイスは、損傷した場合にのみ交換する必要があります。この方法では、飛行機のすべての荷物に追跡装置が必要なわけではないため、航空会社の装備コストを削減することができます。
    さらに顧客はXYOネットワークにログインして、荷物の場所を確認することができます。航空会社の従業員と顧客は、このネットワークの完全な透明性の恩恵を受けるでしょう。
    XYOの仕組みの詳細についてはこちらをご覧ください
    XYOネットワークはブロックチェーンに基づいており、複数のコンポーネントを使用してリアルタイムの位置追跡を実現しています。これらのコンポーネントは次のとおりです:
    センチネル(Sentinels)は費用対効果の高い方法でデータを収集するトラッキングデバイスです。一般的には、センチネルは位置情報を取得し、その位置情報をブリッジに送信します。位置データポイントはヒューリスティックと呼ばれ、それは転送されているデータです。
    ブリッジ(Bridges)は、位置データのトランスクリプターです。これはセンチネルの発見的データを受信した後、ディバイナー(Diviners)にデータを送信します。また、ブリッジは位置情報の検証に使用できる位置証明(Proof of Location)メタデータを作成することもできます。ブリッジは位置データのトランスクリプターです。
    アーキビスト(Archivists)は、ブリッジからの位置情報を保存します。これらは分散した形でこの操作を実行し、すべての履歴データを保存し、必要なときにデータ検索を簡単に実行できるようにします。
    ディバイナー(Diviners)は、基本的にある特定の時点で特定のアイテムがどこにあるのかという疑問に答えるために、センチネルヒューリスティックについてXYOネットワーク上のクエリーに応答します。クエリーの回答は、作業証明(Proof of Work)を使用してディバイナーによってブロックチェーンに記録されます。
    XYOネットワークは分散化されており、他者を信頼しません。つまり誰もネットワークを完全に制御することはできません。したがって、いずれかの当事者を信頼することによって、ブロックチェーン元帳に情報を正しく記録する必要はありません。このアプローチは高度なセキュリティをもたらします。誰もブロックチェーンベースの元帳を壊したり修正したり、位置証明(Proof of Work)や作業証明書(Proof of Work)のメタデータアイテムを使用出来ないためです。
    正確な位置情報を保証するために、XYOネットワークはロケーションデータを提供する報酬としてERC20トークンを提供します。消費者は質問の答えを得るためにアイテムの場所を照会するときにXYOトークンを支払います。クエリーに答えるために必要なデータが多くなればなるほど、トークンコストは高くなります。
    例えばユーザーは荷物の場所を確認してから、取引料金として少額のトークンを支払うことができます。航空会社は飛行中の荷物をすべて確認することができ、これにはより多くのネットワークリソースとデータが必要です。したがって、航空会社はより多くのトークンを支払う必要があります。
    現在存在する多くの暗号化通貨とは異なり、XYOはトークンマイニング権の代わりにトークン使用権を報奨します。このインセンティブは、マイニングするのに必要なコンピューティングパワーだけでなく、トークンの使用を増やすことができます。コンピューティングパワーは少数の人にしか適用できないため、トークンマイニングはこの少人数のグループのインセンティブとして適しています。 XYOトークンの数はXYOトークンをマイニングする人の数よりはるかに多いため、XYOはネットワーク全体でより良く報酬を分配することができます。
    旅行業界とXYOネットワークの統合
    レンタカー会社をXYOネットワークに統合するプロセスはかなりシンプルです。インストールが簡単なキーポジショニングデバイスを設置すると、すべてのキーを追跡できるようになります。この方法は盗難防止のために追跡装置を車に設置するのにも適しています。 XYOはネットワーク関連の問題を処理するため、レンタカー会社はインフラの問題を心配する必要はありません。
    レンタカー会社は、顧客にXYOネットワークサービスへのアクセスを提供するかどうかを決定することができます。もちろんレンタカー会社は、顧客がキーを紛失したときに電話を掛けてもらうこともできます。
    航空会社の場合、各顧客の荷物に追跡装置が備えられていることを確認します。設置追跡装置によって発生した少額の金額を手荷物料金に含めることができます。いく人かの顧客は、異なる航空会社を乗り継ぐときに同じ追跡装置を使用するため、この方法で航空会社はコスト効率を上げる事が出来ます。航空会社は普遍的な追跡装置を使用することができるので、どの航空会社がそれらを提供しているかは問題ではありません。また乗客は以前の追跡装置を交換するために、航空会社の特定の装置を使用する必要はありません。
    一般の消費者と企業に真の価値を提供する
    XYOネットワークは、ブロックチェーンベースの最初の位置追跡ネットワークです。 XYOネットワークは、デジタル世界と現実世界との間のギャップを橋渡しします。主に金融サービスに重点を置いている市場の多くの既存の仮想通貨とは異なり、XYOは位置追跡技術を必要とする消費者、企業、および業界に実際的で意義のある価値をもたらします。
    XYO Networkプロジェクトの詳細についてお知りになりたい際は、電報グループ(https://t.me/XYONetwork_JP)にご参加ください。