• tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が更新を投稿 6か月 2週前

    結局ゲームも信用置けないよ。約束守れない組織はみんなはなれていく。ripple,gameは推薦したの失敗じゃない

    • akira の返信 (6か月 2週前)

      Rippleの3円を経験した人もいるし、GAMEで35000を経験した人もいるし
      精度の高いテクニカルもあるし、あとは自分の裁量次第だと思う

    • 約束は守ろうと努力はしていると思いますし、守れない約束はするべきではないと思いますが、イノベーティブな開発や規制の厳しい領域は、開発期間を計算できないことや順調に進まないことは多々あります。
      でも、遅くなったり、回り道しているように見えることはあっても、熱意をもって開発されている限り、進捗していくと思います。
      価値のあるモノを生み出せば、その時の価値に従って正当に評価する人は新たに現れるものです。
      私はRippleもGameも評価されると思います。

    • まる の返信 (6か月 2週前)

      不安になって離れても、出てくるものが出てきたり、進捗してくると戻ってくるのも早いですよ

    • 管理人さんは情報を提供してくれているだけでそれを信用するかしないか、失敗したかどうか、は各個人の責任でしょう

      • 管理人さんは無料で好意で紹介しているので
        それを材料に売買するかしないかは個人の判断だと思います。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が「RIPPLE総合 グループのロゴRIPPLE総合」グループに投稿しました。 1年 2か月前

    いくらなんでもあきれますね。
    あと1ヶ月でアメリカの人たちは移行ってどういうことでしょうか。
    そのあとは米国以外のひとって差別です。
    全部うりました。もうもどりません。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:tsubasa が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 Today, Ripple Connect connects FIs to RCL. In the near future, Ripple Connect will support ILP as well as RCL. xrpchatにあったJoel Katzの投稿ですがxrpを含めたRCLは利用されますね。 近日中に何か動きがあるのでしょうか。 表示

    https://forum.ripple.com/viewtopic.php?f=5&t=15712&p=71830&sid=384370eb176f1dacab501ae3cb10899e#p71830

    GATEHUBも動きそうですね。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が「RIPPLE総合 グループのロゴRIPPLE総合」グループに投稿しました。 1年 3か月前

    Today, Ripple Connect connects FIs to RCL. In the near future, Ripple Connect will support ILP as well as RCL.

    xrpchatにあったJoel Katzの投稿ですがxrpを含めたRCLは利用されますね。
    近日中に何か動きがあるのでしょうか。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:canon が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 RippleTradeの新規登録停止のようです。グローバルな金融機関にエンタープライズ級の金融決済ソリューションとサービスを提供することに焦点を当てていますと書いてあるので、今後はGeteway用にトレード機能を提供するより金融機関に力を入れていくということですかね? 表示

    青色のconsumer wallet providerをクリックするとgwのページに飛びます。

    • tora の返信 (1年 3か月前)

      今後、新規の人はゲートウェイに登録するとして、独自のオーダーブックとウォレット用意しないとトレードできないとしたら、大変そう。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:canon が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 RippleTradeの新規登録停止のようです。グローバルな金融機関にエンタープライズ級の金融決済ソリューションとサービスを提供することに焦点を当てていますと書いてあるので、今後はGeteway用にトレード機能を提供するより金融機関に力を入れていくということですかね? 表示

    ripple社は銀行など金融機関を相手にしていき
    個人はgwにwallet作成を含め(kyc/amlのための認証)依頼するってことではないかと思いますがみなさんいかがでしょうか?

    • tsubasa の返信 (1年 3か月前)

      青色のconsumer wallet providerをクリックするとgwのページに飛びます。

      • tora の返信 (1年 3か月前)

        今後、新規の人はゲートウェイに登録するとして、独自のオーダーブックとウォレット用意しないとトレードできないとしたら、大変そう。

    • 私はゲートウェイはFX市場(業者)そのものだと思っています。
      ウォレットやIOUなどという言葉を使う必要はなく、今までと同じようにFX口座を開設して入金すれば、裏でRippleアドレスが割り当てられIOUが発行される仕組みだと思います。
      FX市場のマーケットメーカーにとって目新しいのはXRPとJPY/JPYのような取引が加わることぐらいだと思います。
      それとは別にEarthportは顧客である銀行に自社のFX市場=Rippleネットワークを利用した送金システムを提供するのだと思います。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:まる が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 おかげさまでXRPのオートブリッジの謎は解けてきました Rippleへの興味は価格だけではないですが、正直上がると嬉しい その価格形成ってまだ腑に落ちていないところがあります 価格形成メカニズムってどうなんでしょう?? 表示

    giant.goxさんはxrpの価格があがるための条件として取引量がふえるかfx業者が入ってくることと思われてるのです。どんどんfx業者,MMが介入してくれるといいですね

    • あとは証拠金取引になるというのが大きいですね。レバレッジ10倍でXRPを売買する時代になるかもしれません。

      • canon の返信 (1年 3か月前)

        証拠金取引レバレッジ10倍でXRPを売買する時代になると売りもできて、市場が荒れそうです^^;
        ビットコインもBTC-eが始めて、上がりにくくなりました。

        • 私もマーケットの流動性を高めて、資金を呼び寄せ、価値の保存性を高めないといけないと思いますね。

          現在、Earthportは主に50,000ドル(600万円)以下の取引に使われているようです。Rippleを使うようになると速い取引が行われるようになりますから、それ自体でも取引量は増えると思います。
          徐々に取引金額上限を上げていって取引量を増やしていけば、Earthportは大きなハブになると思います。

          さらに、HDD大手のシーゲートもRippleに出資していて、リップルのリアルタイム決済ソリューションを利用すると、法人の財務責任者は即座に国際間決済を効果的に行うことができますと言っていますので、企業にも広がっていくと予想してます。

          http://cryptpark.com/?s=%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88

          金融資産というのは背後にある「期待」によっても上がるものなので、おそらく、このあたりの情報も今後出てくると思います。
          そうなれば、価格も持ち直してくると思います。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:まる が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 おかげさまでXRPのオートブリッジの謎は解けてきました Rippleへの興味は価格だけではないですが、正直上がると嬉しい その価格形成ってまだ腑に落ちていないところがあります 価格形成メカニズムってどうなんでしょう?? 表示

    印象なんですが今は2点からみてXRPの価格が上昇すると思っているのではないでしょうか。1つめはXRPがトランスザクションごとに少量ずつ減っていくので相対的にXRPの価格があがるという考え。時間はかかりますがXRPが利用されることが増えれば確実にXRPの値段はあがるでしょう。二つ目は安定したクロスカレンシーのために板が厚くなったりXRPの値段があがるという考え。これは比較的短期間で値段があがるのではと予想されます。高額になると送れないというシステムは使えないでしょう。
    実際suekichiさんが述べられているようにいまの板では1億円の送金にはつかえないのではないかと私もおもいます。EARTHPORTが1月からRCLを利用するとしてまだMMがはいってきていない現在どのように対応するのでしょうか?この点からXRPの価格上昇(厚い板もそうですが)と考えるのだと思います。11月からKYCの終わったRIPPLETRADEはどのような変化をするのでしょうね。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:まる が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 おかげさまでXRPのオートブリッジの謎は解けてきました Rippleへの興味は価格だけではないですが、正直上がると嬉しい その価格形成ってまだ腑に落ちていないところがあります 価格形成メカニズムってどうなんでしょう?? 表示

    私も価格形成についてわからなくなってきています。オートブリッジで裏で一時的にxrpが使われるっていうことは理解できるのですが高額になると今の板では悪いレートで交換することになるのではないのかと思うのです。安定した為替と送金のための必要条件としてxrpの価値が上がるか板が厚くないといけないのでは考えるのですがまちがいでしょうか。某掲示板でも話題になっていましたが私自身も混乱してきました。

    • オートブリッジといっても、日本の銀行からアメリカの銀行へ仮に1億円送金する場合、JPY/XRPの板で1億円分のXRPを買って,USD/XRPの板で1億円分のXRPを売ることになるのではないのでしょうか
      このようになるとしたら自分もxrpの価値を上げ、板を厚くしないといけないと思ってます
      xrpの通貨間の価格も送金の度に大きく開くことになってしまいますし、何より為替が安定しません
      xrpの価格上げと、板を厚くする役目はマーケットメーカーが行うのではないでしょうか

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:tsubasa が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 表示

    直接のIOU同士の板っていうのは存在しないみたいですね。今できてるIOU同士に見える板は合成オーダーブックのようです。ASK/BIDの板でマウスオーバーすると個人の注文はWALLETのアドレス名がでてきますがそれ以外はすべてAUTOBRIDGEとでます。取引量の少ないGWや通貨同士でも板ができていて変だなあと思ってましたがこれで納得です。ほとんどすべてがAUTOBRIDGEとでるものもありますね。

    • まる の返信 (1年 3か月前)

      おお いいね 
      Rippleのフォーラムのオートブリッジのフロー図を見るとダイレクトオーダーブックも最終的に板に差し込まれるようになってて、全てが合成オーダーブックで取引きが行われるように見えます
      ダイレクトオーダーブックは単独で存在している意味がないのかも
      このIOU同士に見える板が悩ましかったんですよね 
      いらない心配してる人多そう

      でも、ブリッジ通貨となると果たして、値段が上がるだろうかという疑問は残りますが・・・
      皆さんはどう思います?

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:tsubasa が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 表示

    さすが管理人さんですね。合成オーダーブックという情報があるのですね。これであれば板同士がつかわれるかxrpを介するのかどちらでも対応できるのですね。恐れ入りました。いずれにせよ板の厚さとxrpの価格上昇は金額の大きい送金、安定したクロスカレンシーの送金には必要ですね。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:tsubasa が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 表示

    わたしが少し心配しているのは下でまるさんが指摘しているようにIOUの直接の板でやりとりすること(個人的にはXRPを使うオートブリッジでクロスカレンシーをおこなってほしいのですが)もあるのではないかということです。今もこのようなIOU同士の板ありますよね。取引の活発なメジャー通貨同士ではMMが直接板を作ることもあると思います。よく使われる通貨は直接の板とオートブリッジでの比較により最も得する方が自動で選択されるのではないかということです。逆にあまり使われない通貨はIOU同士の板が出来ずらくオートブリッジで取引されるのではと思っていますがいかがでしょうか?

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:davidtojp(管理人) が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 Earthportは、分散型台帳を介して、最初の完全に準拠したリアルタイムの支払いゲートウェイを開始しました。 表示

    http://www.earthport.com/pr/earthport-annual-results-announcement-for-year-ending-30-june-2015/

    2015年の決算報告のようです。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が「RIPPLE総合 グループのロゴRIPPLE総合」グループに投稿しました。 1年 3か月前

    http://www.earthport.com/itn/japan-post-bank-joins-the-worlds-largest-settlement-network/

    先日EARTHPORTのやりとりはわくわくしてました。

    earthportの記事ですが日本の新聞の記事をよむとなんとなくどのように業務しているか推察されます。おそらく世界60カ国以上に銀行口座をもっているので銀行が送金したい場合はearthportの自国の口座に振り込み(おそらくgwとして機能するのでしょう)ここでiouが発行されRCLでMM(EARTPORTもMMになるのかもしれませんが)がつくった直接の板かオートブリッジで受入国の通貨のIOUになり受入国の銀行のEARTHPORT口座(受入国のGW)にはいり受入銀行が現金としてうけとるというながれになるのではないでしょうか?
    上記のためには板が厚いのみならず高額な金銭に対応するためにはXRPの価格がいまより大きくならないといけないと思います。近日中にでもその準備をするのではと思っています。EARTHPORTは各銀行口座に相当な金額を貯蓄していないとこれはなりたたないとおもいますが
    いままでEARTHPORTが送金業務をおこなってきたわけですから可能なのでしょう。現在まで外国為替をどのようにしてきたのかわかりませんがEARTHPORTにとってはXRPというのは一番安い為替を選択でき早く取引を可能にする非常によいハブ通貨なんでしょうね。

    いずれにしてもEARTHPORT稼動の前準備としてXRPの価格の上昇(大きな送金額への対応)と厚い板(安定した為替)が必要条件なのではないでしょうか。

    • tsubasa の返信 (1年 3か月前)

      わたしが少し心配しているのは下でまるさんが指摘しているようにIOUの直接の板でやりとりすること(個人的にはXRPを使うオートブリッジでクロスカレンシーをおこなってほしいのですが)もあるのではないかということです。今もこのようなIOU同士の板ありますよね。取引の活発なメジャー通貨同士ではMMが直接板を作ることもあると思います。よく使われる通貨は直接の板とオートブリッジでの比較により最も得する方が自動で選択されるのではないかということです。逆にあまり使われない通貨はIOU同士の板が出来ずらくオートブリッジで取引されるのではと思っていますがいかがでしょうか?

    • 記事を読むとEARTHPORTは63か国以上に既にアカウント持っているんですね。EARTHPORT一つで多国籍ゲートウェイというイメージというで、まさにゲートウェイであり、ハブという感じですね。私もtsubasaさんの説明のようなイメージで見ています。

      >現在まで外国為替をどのようにしてきたのかわかりません

      https://www.linkedin.com/pulse/former-goldman-exec-wants-upend-way-world-moves-money-franz-seow?trk=prof-post

      これについては、上記のURLに簡単に説明が出ていました。上の図は、SWIFTを使ったやり方、下の図はRipple前のEARTHPORTのやり方。それによるとEARTHPORTは、支払いをユーロに両替して、フランクフルトの銀行パートナーに送って送金して、手数料を取っているようです。例では、5万ドルをSWIFTを使った時の総手数料が750ドル、従来のEARTHPORTを使った場合が126ドルとなっています。

      従来のEARTHPORTは、これをRippleに置き換える形になるのだと思います。Rippleを使えば、決済スピードもあがり、取引量が増え、安くもできるそんな理想的なものになりそうです。

      >わたしが少し心配しているのは下でまるさんが指摘しているようにIOUの直接の板でやりとりすること(個人的にはXRPを使うオートブリッジでクロスカレンシーをおこなってほしいのですが)もあるのではないかということです。今もこのようなIOU同士の板ありますよね。取引の活発なメジャー通貨同士ではMMが直接板を作ることもあると思います。よく使われる通貨は直接の板とオートブリッジでの比較により最も得する方が自動で選択されるのではないかということです。逆にあまり使われない通貨はIOU同士の板が出来ずらくオートブリッジで取引される

      これは、確かにIOUの直接の板でやりとりすることもあるかもしれません。でも、オートブリッジ機能をもう少し詳しく見ていくとオファーオートブリッジという機能があり、下記のURLのようにXRP/JPYとXRP/USDの取引が十分あるならXRPを軸にUSD/JPYというブリッジオーダーブックが自動的に形成されますが、さらにこれにダイレクトのIOUの板であるUSD/JPYのダイレクトオーダーブックをさらに合成して、合成オーダーブックで取引きが行なわれるようです。

      https://forum.ripple.com/viewtopic.php?f=1&t=7127&f=1&t=7127

      EARTHPORTの運営がどのようになるかわからない部分もありますが、流通量は非常に大きくなると思いますので、このあたりが参考になるかもしれません。

      • tsubasa の返信 (1年 3か月前)

        さすが管理人さんですね。合成オーダーブックという情報があるのですね。これであれば板同士がつかわれるかxrpを介するのかどちらでも対応できるのですね。恐れ入りました。いずれにせよ板の厚さとxrpの価格上昇は金額の大きい送金、安定したクロスカレンシーの送金には必要ですね。

      • まる の返信 (1年 3か月前)

        おお なるほど!新たな発見! 
        これ、もっと早く知っておきたかった
        かなりいらぬ心配しなくて良くなりそうです

        • tsubasa の返信 (1年 3か月前)

          直接のIOU同士の板っていうのは存在しないみたいですね。今できてるIOU同士に見える板は合成オーダーブックのようです。ASK/BIDの板でマウスオーバーすると個人の注文はWALLETのアドレス名がでてきますがそれ以外はすべてAUTOBRIDGEとでます。取引量の少ないGWや通貨同士でも板ができていて変だなあと思ってましたがこれで納得です。ほとんどすべてがAUTOBRIDGEとでるものもありますね。

          • まる の返信 (1年 3か月前)

            おお いいね 
            Rippleのフォーラムのオートブリッジのフロー図を見るとダイレクトオーダーブックも最終的に板に差し込まれるようになってて、全てが合成オーダーブックで取引きが行われるように見えます
            ダイレクトオーダーブックは単独で存在している意味がないのかも
            このIOU同士に見える板が悩ましかったんですよね 
            いらない心配してる人多そう

            でも、ブリッジ通貨となると果たして、値段が上がるだろうかという疑問は残りますが・・・
            皆さんはどう思います?

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が更新を投稿 1年 3か月前

    xrpchatであがってたものです。

    http://www.xrpchat.com/topic/359-steven-zeiler-talks-interledger-protocol/

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:davidtojp(管理人) が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 Earthportは、分散型台帳を介して、最初の完全に準拠したリアルタイムの支払いゲートウェイを開始しました。 表示

    ただ来年の1月からの稼動にしても今の板では対応できないと思うので11月から1月までなんらの準備をするのではおもいますがいかがでしょうか?

    • ゆうちょ銀行、日本最大の消費者銀行のクロスボーダーサービスも入ってくるので、11月から1月まで取引きを増やす為になんらかの準備は行うような気はしますね。

      • まる の返信 (1年 3か月前)

        どれぐらい、取引量があるんですかね?凄くワクワクする内容です。

      • まる の返信 (1年 3か月前)

        管理人さんのツイート見ました。下のほうにXRPを使うと書いてあるのですが、IOU同士でやり取りする可能性ってないですか?
        Earthportはゲートウェイで図を見るとEartportに接続する機関にrippleへのリレーをし、XRPでリアルタイム決済するよう見えます。銀行はEarthportのハブに接続するだけと説明があります。

        https://goo.gl/gU8l7A

        • Earthportは60か国以上120通貨に対応しているようです。直接IOUの板を作ったら、銀行は相手先銀行に現地通貨を預金しないとおそらくリアルタイムに現金化できないでしょう。そして、その組み合わせは爆発します。
          Earthportのハブに接続して、XRPを介在して取引すれば非常に簡単です。ここにゲートウェイの意味があって、Rippleを使う意味があると思います。

          • まる の返信 (1年 3か月前)

            確かにXRP遣わないと意味なさそうですよね。
            120通貨もあると板が厚くなるか懸念あるんですが、どうなんでしょう?

            • Earthportは元々取り扱い金額があって、上場してる企業で、信用力もある企業だと思います。そして、取引手数料も低いなら、自然と取引は増えると思いますね。

          • 調べたところ、アースポートのCEOは、今までの銀行のモデルは多対多の関係に基づいて、何千もの取引先銀行は互いに口座を維持します。
            全体として、銀行が50,000ドル未満の支払いに関係を準備することは、高くつく挑戦ですと否定していますね。この発言からIOUをそのまま送金し合うということはないと思います。やはり、XRPを使うということでしょう。

            $21 trillion is sent every year using a system controlled by a consortium of about 10,000 banks with a platform that hasn’t changed in over three decades.

            This model is based on many-to-many relationship, where 1000s of correspondent banks maintain accounts with each other. Each bank takes a transfer fee and sometimes FX charges along the way, resulting in unpredictable routes, fees and timelines creating many inefficiencies. Overall, it is costly challenge for banks to set up the relationships for transfer of payments under $50,000.

            http://www.earthport.com/bloomberg-interviews-hank-uberoi/

        • Earthportを使う狙いを以前Rippleに聞いたことがあります。

          Rippleとしてはアースポートを使って提携銀行を増やすこと、アースポートの狙いとしては現在、銀行がアースポートを利用する時は、流動性供給の為に準備金を入れる必要があるけど、Rippleを利用する場合は、マーケットメーカーが流動性供給機能を担っているので銀行自身はアースポートに準備金を入れなくて済むということです。

          先ほどの下記の図にliquidly management(リキッドリーマネージメント)と書いてあるのですが、マーケットメーカー流動性をマネージメントするということから、XRPをつかうのを促進するのは間違いないと思っています。

          https://goo.gl/gU8l7A

          • まる の返信 (1年 3か月前)

            なるほどなるほど、そうするとアースポート自体がそれぞれのXRPとの通貨ペアを直接用意しないで、各々のゲートウェイの板を合成してということですかね?

            • そのあたりはよくわからないですが、Ripple自体の構想の中に、直接IOUで取引しなくてもオートブリッジという機能があります。
              例えば、XRP/JPYとXRP/USDの取引が十分あるならUSD/JPYも自動的に可能になります。クロスの板が勝手にはられ、XRPがブリッジ通貨として稼働します。オートブリッジできると確実に流動性があがりますし、クロスレート算出も自動でできます。
              Rippleがいうにはマーケットメーカーが流動性供給するということなので、liquidly management(リキッドリーマネージメント)はこの機能を使って機能するのではないかと感じてます。

              • まる の返信 (1年 3か月前)

                >Rippleを利用する場合は、マーケットメーカーが流動性供給機能を担っているので銀行自身はアースポートに準備金を入れなくて済むということです。

                イメージ付いてきました。なんか巨大なゲートウェイというか、巨大な中央銀行になりそうな感じがしてきました。Rippleと協力して。
                R3やILPより、こちらに先に銀行が集中化してきそうな気もします。

                • 確かにEarthportには大きな銀行が既につながってますし、稼働しそうなところまで来てますので非常に期待してます。

          • tarumi の返信 (1年 3か月前)

            おお、これ重要 重要事項しってますね!

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 3か月前

    返信元:davidtojp(管理人) が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 Earthportは、分散型台帳を介して、最初の完全に準拠したリアルタイムの支払いゲートウェイを開始しました。 表示

    これって8月19日にすでに発表された記事だと思うのです。ツイッターに出しただけではないのでしょうか?
    この事業はfirst quaterからの予定とどこかに書いてあったと思いますが新しい内容でしたら申しわけありません。

    http://www.earthport.com/pr/earthport-launches-the-first-fully-compliant-gateway-for-real-time-payments-via-distributed-ledger/

    • 失礼しました。確かにそうですね。Twitterの方にMoney2020 Booth 1308 と書いてあるので、このイベントのブースの宣伝でつぶやいたのかもしれません。Money2020、今開催中ですね。Rippleの個人認証完了に合わせて、繋ぎこみをするのかなと思い、早とちりしました。

      下記のURLの10月12日~15日に行われたSIBOSの資料を見ると確かに3~4ページにかけて下記のようにfirst quaterと書いてあるので、来年の第1四半期のようです。

      http://www.earthport.com/wp-content/uploads/2014/02/SIBOS-2015_cover.pdf

      Instead of this “many-to-many” approach Earthport is using a hub-and-spoke model to build a new set of rails. It acts as a central clearing agency to which all the payments go — so that any bank or big corporate with a single connection to Earthport can send pay – ments around the world. It is already working with institutions such as Bank of America, Standard Chartered and American Express. “They are not always using us as their core platform but they are using us,” says Marovitz. Earthport is hoping to lure more customers to a newly-announced service. It recently teamed with Silicon Valley start-up Ripple to enable real-time cross-border payments via distributed ledger protocol, helping banks make the leap from blockchain labs to the real world. The service is scheduled to start transacting in the first quarter.

      • tsubasa の返信 (1年 3か月前)

        ただ来年の1月からの稼動にしても今の板では対応できないと思うので11月から1月までなんらの準備をするのではおもいますがいかがでしょうか?

        • ゆうちょ銀行、日本最大の消費者銀行のクロスボーダーサービスも入ってくるので、11月から1月まで取引きを増やす為になんらかの準備は行うような気はしますね。

          • まる の返信 (1年 3か月前)

            どれぐらい、取引量があるんですかね?凄くワクワクする内容です。

          • まる の返信 (1年 3か月前)

            管理人さんのツイート見ました。下のほうにXRPを使うと書いてあるのですが、IOU同士でやり取りする可能性ってないですか?
            Earthportはゲートウェイで図を見るとEartportに接続する機関にrippleへのリレーをし、XRPでリアルタイム決済するよう見えます。銀行はEarthportのハブに接続するだけと説明があります。

            https://goo.gl/gU8l7A

            • Earthportは60か国以上120通貨に対応しているようです。直接IOUの板を作ったら、銀行は相手先銀行に現地通貨を預金しないとおそらくリアルタイムに現金化できないでしょう。そして、その組み合わせは爆発します。
              Earthportのハブに接続して、XRPを介在して取引すれば非常に簡単です。ここにゲートウェイの意味があって、Rippleを使う意味があると思います。

              • まる の返信 (1年 3か月前)

                確かにXRP遣わないと意味なさそうですよね。
                120通貨もあると板が厚くなるか懸念あるんですが、どうなんでしょう?

                • Earthportは元々取り扱い金額があって、上場してる企業で、信用力もある企業だと思います。そして、取引手数料も低いなら、自然と取引は増えると思いますね。

              • 調べたところ、アースポートのCEOは、今までの銀行のモデルは多対多の関係に基づいて、何千もの取引先銀行は互いに口座を維持します。
                全体として、銀行が50,000ドル未満の支払いに関係を準備することは、高くつく挑戦ですと否定していますね。この発言からIOUをそのまま送金し合うということはないと思います。やはり、XRPを使うということでしょう。

                $21 trillion is sent every year using a system controlled by a consortium of about 10,000 banks with a platform that hasn’t changed in over three decades.

                This model is based on many-to-many relationship, where 1000s of correspondent banks maintain accounts with each other. Each bank takes a transfer fee and sometimes FX charges along the way, resulting in unpredictable routes, fees and timelines creating many inefficiencies. Overall, it is costly challenge for banks to set up the relationships for transfer of payments under $50,000.

                http://www.earthport.com/bloomberg-interviews-hank-uberoi/

            • Earthportを使う狙いを以前Rippleに聞いたことがあります。

              Rippleとしてはアースポートを使って提携銀行を増やすこと、アースポートの狙いとしては現在、銀行がアースポートを利用する時は、流動性供給の為に準備金を入れる必要があるけど、Rippleを利用する場合は、マーケットメーカーが流動性供給機能を担っているので銀行自身はアースポートに準備金を入れなくて済むということです。

              先ほどの下記の図にliquidly management(リキッドリーマネージメント)と書いてあるのですが、マーケットメーカー流動性をマネージメントするということから、XRPをつかうのを促進するのは間違いないと思っています。

              https://goo.gl/gU8l7A

              • まる の返信 (1年 3か月前)

                なるほどなるほど、そうするとアースポート自体がそれぞれのXRPとの通貨ペアを直接用意しないで、各々のゲートウェイの板を合成してということですかね?

                • そのあたりはよくわからないですが、Ripple自体の構想の中に、直接IOUで取引しなくてもオートブリッジという機能があります。
                  例えば、XRP/JPYとXRP/USDの取引が十分あるならUSD/JPYも自動的に可能になります。クロスの板が勝手にはられ、XRPがブリッジ通貨として稼働します。オートブリッジできると確実に流動性があがりますし、クロスレート算出も自動でできます。
                  Rippleがいうにはマーケットメーカーが流動性供給するということなので、liquidly management(リキッドリーマネージメント)はこの機能を使って機能するのではないかと感じてます。

                  • まる の返信 (1年 3か月前)

                    >Rippleを利用する場合は、マーケットメーカーが流動性供給機能を担っているので銀行自身はアースポートに準備金を入れなくて済むということです。

                    イメージ付いてきました。なんか巨大なゲートウェイというか、巨大な中央銀行になりそうな感じがしてきました。Rippleと協力して。
                    R3やILPより、こちらに先に銀行が集中化してきそうな気もします。

                    • 確かにEarthportには大きな銀行が既につながってますし、稼働しそうなところまで来てますので非常に期待してます。

              • tarumi の返信 (1年 3か月前)

                おお、これ重要 重要事項しってますね!

    • tora の返信 (1年 3か月前)

      8月19日の記事はEarthport launches と現在形ですが、今日のツイッターの呟きはEarthport launched と過去形になってます。
      ローンチした?
      どうなんでしょう??

      • そうですね~現在形と過去形
        ちょっと、わからないです。
        ローンチしたのかな?
        もしローンチしたなら、プレスリリースがありそうな気もします。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 4か月前

    返信元:taao が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 Interledgerの発表から値段下がってます。 Rippleは何をしたいのでしょう? 表示

    そうなんですよ。XRPchatでもILP自体のみならずRCLとの関係、今後ぼXRPの方向など混乱しているようです。
    下落の原因はさっぱりわかりません。ただいえるのはいままで価格に影響を与えてきたJPYのIOU率がどんどんへっていることです。日本人がILPの発表前から投げ売りはじめそれが価格に影響を与えた感じがしてます。数日前からなんかやっとひと段落がついた印象です。

    管理人さんいかがでしょうか?なにかおわかりですか?

    • 皆様初めまして。suekichiと申します。以前からこちらのサイトを閲覧のみさせて頂いておりましたが色々と議論がしたいと思い登録させて頂きました。
      XRPの下落に関してですが、個人的には以下の理由があるのではないかと思います
      1.tsubasaさんも書いていますようにILPとRCLの関係についてまだRipple(labs)が触れてないことでRCL(XRP)の立ち位置はどうなるのかといった不安
      2.個人認証がなかなか通らない人の売り(日本以上に、英語圏以外の海外の方が通りにくいというのをどこかで見ました)
      3.個人認証のハードルが高く新規の方が入るには敷居が高い
      4.snapswap.usの取引停止
      5.以上のようなことから市場の流動性が著しく低下し、トレンドがなかなか変換しない
      この他にも、四千万XRP程度を売ったアカウントもありこれが市場に与えた影響が大きかったようにも思います。

      個人的にはILPはRCLの道具みたいなものであり、ILPがrippleの公式ブログで初めて公表された時の文章のようにXRPのブリッジ通貨としての価値を最大限に高めるものになると思っています。一部ではRCL(XRP)が使われなくなるという噂もありますが、ver.3.0の開発も進められておりこれはありえないと思います。この件についても別枠で議論が出来ればと思います。
      この手の話題となりますと、最近管理人さんが返信されないのは大変心細いです。おそらくですが管理人さんはrippleの日本語翻訳をされており内部とつながっている方ですので、これからrippleは本格的に銀行等の企業と関っていくため下手に情報が漏らせないのではないかと勝手に解釈しております(別の意図があるようでしたら申し訳ありません)。裏を返せば個人認証締め切り終了後の11月以降に何か起きるんだろうなと楽しみにしています。長々と失礼しました。

      • 私も1~5番が、今回の短期的な下げの原因だと思います。
        2と3番については、個人認証はやるべきだと思ってました。人も企業も社会的なものなので、これをしないと普通の企業として銀行やPAYPAL、VISAと同じ土俵に立てません。若干、ハードルは上がったとしても長期的な視点で言えば必ずプラスになると思います。
        4番については、大きな影響がありましたが、他のゲートウェイがすぐにできると思っています。5番についてもこれは短期的な問題かなと思います。

        長期的な視点で見ると一番気になるのが、1番のILPとRCLの関係についてだと思います。Ripple自体がXRPを使わないプロトコルを発表し、銀行自体もXRPを使わないのではないかという不安が出てきて、それで売られている、これが今回の下げの一番大きな要因だと思います。

        しかし、Rippleは、銀行だけに集中していたように見えますが、元々、金融機関とマーケットメーカーを分けて設計をしています。金融機関は最初からXRPを使わないことを想定していて、マーケットメーカーでXRPを使うことを想定しています。これは公式ホームページにも分けて説明されています。これは、ILPが発表されても変わっていません。
        先日、クロス・カレンシーソリューションとFXマーケットメーキングソリューションが発表されました。
        これは、金融機関とマーケットメーカーを繋ぐソリューションでRippleを金融機関がより簡単に扱えるようにしたソリューションだと思います。私はXRPを廃止するつもりならこれを開発しないと思います。

        R3自体もブロックチェーンを独自で開発するか、しないかは定かではないですが、強力なライバルとして登場しました。

        しかし、そのR3自体もILPのW3C標準化グループに参加していて、Web標準化はR3の考えているブロックチェーン技術にとっても切り離せないことだと考えているのでしょう。或は、R3のブロックチェーン技術自体がILPに深く関係しているのかもしれません。

        ここからは、私の長期な視点で、私に特別な情報がある訳ではありませんが、今感じていることをもとに書いてみたいと思います。

        Rippleの使命として「価値のインターネット」ということを言っています。それは考えてみると1社でできるわけではなく、元帳のウェブつまり、ILPによってありとあらゆる元帳を繋ぎ、あらゆる価値をILPの中で流通させて、ネットの中に価値を行き通わせることを目指していると思います。

        つまり、R3が作ろうとしている銀行間のブロックチェーンも繋ごうと思えば繋げるし、RCLも繋げるし、ビットコインやその他アルトコインの元帳、SKYPEやPAYPALの元帳も繋ぐ・・・これは異種の決済ネットワーク間の標準化を推し進め、ゆくゆくは仮想通貨間の交換も推し進めていく、「相互運用性」「互換性」「相互接続性」が重要だということだと思います。

        http://cryptpark.com/members/admin/activity/8317/?no_frame=1

        下記のILPのコミュニティーの説明からもRippleがやろうとしていることがよくわかります。

        https://www.w3.org/community/interledger/2015/10/09/a-web-of-ledgers/#more-9

        これによってXRPが使われる頻度が少なくなると思う人もいるかもしれません。しかし、元帳の中でも競争が起こり、利用価値の高く、使い勝手のいい元帳が採用され、取引が集中してくるはずです。ここまでネットで価値が飛び交う頃になると決済スピードや送金速度というのは重要になります。銀行のネットワークもクロスカレンシーに関しては中抜きされかねない状況も多く生まれるでしょう。

        リップルがILP対応になると、金融機関はトランザクションの無限数を処理することできるといいますし、RCL自体もスピードは他のブロックチェーンより非常に早いです。この組み合わせはXRPのブリッジ通貨としての価値を最大限に高めるものになっていくと私も思います。

        長期的には、銀行ネットワーク以上のWebを覆う価値のネットワークを考えており、ILPはWeb標準になっていくものと思います。ILPで価値が集まれば、その中でRCLの競争力は当然高まると思います。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 4か月前

    返信元:davidtojp(管理人) が「RIPPLE総合」グループに投稿しました。 リップルは、銀行やBlockchainsに接続するInterledgerをリリース(コインデスクの記事) 表示

    銀行とearthportなどの送金業社との関係はどうなっていくのでしょうか?また最近はgwという言葉を使わなくなってる気がしてます。githubが今月なにか発表するようですがそのあたりgwの存在意義などの関わりを教えていただけると助かります。

    • ご質問ありがとうございます。こちらについても、教えていただけるかわからないのですが聞いてみます。返事がきましたら、お知らせいたします。

  • tsubasa さんのプロフィール写真

    tsubasa が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1年 4か月前

    返信元:tsubasa が「GameCredits総合」グループに投稿しました。 ひどい下落。どうしたんでしょうか 表示

    そうですねえ

  • もっと読み込む