• oasis さんのプロフィール写真

    oasis が「OASIS CITY(OSC)総合 グループのロゴOASIS CITY(OSC)総合」グループに投稿しました。 2か月 2週前

    翻訳の前半ですが、投稿させていただきます。長文申し訳ありません。

    プロジェクト進捗状況のお知らせ

    こんにちは。

    オアシスシティCEOのオク・ジェユンです。

    最近の進捗状況をお知らせしたいと思います。

    先日も申し上げましたように、多くの困難を乗り越え、事業再構築やプロジェクトの優先順位の再設定など、様々な課題に取り組んできましたがその中で私たちは一生懸命に気持ちを引き締めています。
    当社メンバーは皆、短い期間ではありますが一生懸命頑張っています。

    世界初の人間工学システムのスマートオートムービングデスク「ロボデスク」を導入し、2020年7月23日~25日に開催された「COEX 2020 KITASスマートデバイスショー」に出展し、無事終了しました。
    プロジェクトチームのメンバーは、今回の展示会を通じて、当初予想していた以上の成果を上げ、苦しい時期にこの有意義なプロジェクトを遂行することができたことを大変嬉しく思っています。

    特に、今回の展示会は、全国の大手企業の販売代理店との販売契約や契約を締結することで、事業開始当初から大きな成果を上げる足がかりとなりました。
    今後、ロボデスク製品は国内販売からスタートし、初期ブランドの認知度を確保し、様々な販売チャネルを活用していきます。
    また、8月中旬頃にはロシア、ベトナム、タイで初のグローバルプレ契約を行い、製品の販売ラインの確立とグローバルな輸出を行う予定です。

    また、各種メディア、ドラマ放送局などの高い関心と連携により、ソーシャルメディアでのブランドと商品のプロモーション、グローバル市場の立ち上げを行い、本格的な商品販売による会社の成長を図る実現に向けた基盤ができたことは朗報だと思います。

    当面は、様々なチャネルを通じた製品販売ラインの確立と、当社のコア特許であるレンタルファイナンスをベースとしたブロックチェーン課金システムを、透明性のある流通を可能にする課金システムにより、既存のレンタル決済ソリューションの構造を置き換えるために、適した時期にロボデスクのビジネスモデルに導入していきたいと考えています。
    これによってユーザーとサプライヤーの間で、従来の販売のビジネスから離れて、どこにいても、ユーザーとサプライヤーの間を結ぶことができます。
    本物のビジネスモデルになるためのブロックチェーン技術の進化は、私たちの課金システムから始まります。実生活でのビジネスの成長がコインの継続的な価値成長の経済生態系を牽引できるようにイノベーションを続けていきます。

    2020年のKITAS展覧会に関連する主な成果と記事を以下に示します。

    RoboDesk展示会の主な成果

    1. Battleground Asiaランク2の「チームQuadro」パートナーシップ/コラボレーションの提案。

    2.リーグオブレジェンドプロ「T1」チームパートナーシップ/提供。
    協力:フェイカーチーム

    3.韓國日報の「ディレクターズおすすめ商品」の紹介・整理依頼。

    4.「FUNSHOP」(8月中旬発売予定)の会員数60万人のオンラインショッピングモールの開設を提案。

    5. E-Mart:電子マートホールの入り口の提案/製品計画と店内のロボデスクの個別ゾーンの編成の提案。

    6.ハイマート:全国への出店提案/一次生産・商品構成の購買協力で流通販売量を確保。

    7.ボディフレンズ:共同ビジネスコラボレーションのお問い合わせ/将来のコラボレーション製品組織の計画。

    8. 狎鴎亭ガレリア百貨店。商品エントリーのご提案

    9.ロッテ百貨店本店、全国店。

    10.全国のホームプラス出店のご提案/オーナー様のご相談内容。

    11.ロシア、タイ、ベトナムとの輸出相談/ 8月中旬に予定されている最初の予約注文。

    12. PCルーム周辺機器/ COSDAK上場会社の納入に関連:共同PCルームレンタル事業の提案を受けました。

    13. 13.ワディズ資金調達プロモーション/Wadiz PDは9月初旬に資金調達を開始することを提案。

    14.金融商品レンタル会社3社の共同事業に関する公式提案:分割払い、レンタル、カード発行などの共同事業の開発および促進に関する合意の過程。

    15、ホームショッピングチャンネル社のロボデスクが12月の発売に向けて準備中(ショーホスト:Song Chaehwan)

    RoboDeskメディアの報道
    1. 2020年12月JTBCが放送します。 SFミステリードラマスポンサーシップの決定(タイトル:非公開/後続のWebサイトのリリース)
    -先週のセットアップが完了しました。 (ドラマ撮影/ Netflix同時配信契約完了)
    2. MBNの一般ニュース「Robody Desk」を送信します
    3. ARIRANG International Broadcasting(188か国)「Roboddesk」放送送信
    4. YTN 24ニュース「Roboddesk」ブロードキャスト
    5. 8月に予定されているMTN MoneyToday「Robody Desk」の独占放送
    6.ゲームブロードキャスト「TEAM Quadro」チーム/ Robodesk製品のスポンサーシップ(スポンサーシップ)
    7. LOL Proゲームチーム “T1″ / RoboDesk製品のスポンサーシップ(スポンサーシップ)
    8.インフルエンサーチャンネルに対する多数のYouTuber、無料広告、スポンサーシップの提案

    「Roboddesk」に関するメディア記事

    -Aving(2020-07-24)、(2020-07-16)

    http://kr.aving.net/news/view.php?articleId=1585937&Branch_ID=kr&rssid=naver&mn_name=news

    http://kr.aving.net/news/view.php?articleId=1585764&Branch_ID=kr&rssid=naver&mn_name=news

    -C net Korea(2020-07-15)

    https://www.cnet.co.kr/view/?no=20200715120011

    -ゲームの焦点(2020-07-15)

    http://gamefocus.co.kr/detail.php?number=107206

    -ソウル経済(2020-06-19)

    https://www.sedaily.com/NewsView/1Z435YJWUS

    -毎日のゲーム(2020-07-19)

    http://www.tgdaily.co.kr/news/articleView.html?idxno=301430

    -ニュースピム(2020-07-23)

    http://www.newspim.com/news/view/20200723001088

    -金融新聞(2020-07-23)

    http://www.efnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=85808

    -ネイバーニュース(2020-07-23)

    https://www.news1.kr/photos/view/?4303213

    -E2Day(2020-06-19)

    https://www.etoday.co.kr/news/view/1908356

    -エクストリームIT / EXIT(2020-07-24)

    https://taesik-it.tistory.com/23

    -YTN(2020-07-26)

    https://www.ytn.co.kr/_ln/0106_202007260029083889

    -MBN(2020-07-23)

    https://www.mbn.co.kr/vod/programView/1248676

    -NaverBBOOM(Naver Bboom / 3日間のビュー数225,000ビュー)

    https://m.bboom.naver.com/best/get.nhn?boardNo=9&postNo=3174279

    VRプロジェクト

    – VRハンドトラッキングボードのテスト/ロボデスク製品の開発が緊急リリースのため遅れています。
    – FBGモーションボードの最終テスト後、8月に関連動画を公開予定
    – “防衛技術品質庁 “が韓国で 国防部の非公開プロジェクト推進のためKIST本部を公式訪問/VR仮想訓練の研究開発プロジェクト対象企業のデューデリジェンス(後日公開予定)。

    この間、上記のような大きな、様々な良い結果が出ており、現在進行形の課題が議論されています。
    ご案内をさせていただいたことに感謝しています。

    企業プロジェクトのこれらの良い事柄は、オアシスプロジェクトの巨大なビジネスの始まりです。
    私たちはオアシスのユニークなコインエコシステムが私たち全員の共通の関心の結果であることを願っています、

    価値は、実際のビジネスの組み合わせがもたらす成長を基礎として形成されます。

    • oasis の返信 (2か月 2週前)

      翻訳の追加です。

      ・クリプトモンスターゲーム
      Playストアの非公開問題はGoogleからの異議申し立てを受けており、現時点ではOne Storeからダウンロードできます。

      https://onestore.co.kr/userpoc/game/view?pid=0000746743

      -ゲームの追加レビュー:仮想通貨の交換に関連するギフト機能を維持します/ブロックチェーンであるココアプラットフォームのコイン交換は現在保留中です/政府の方針の下で個人間の交換が可能です。
      個人のコインの交換と変換、および追加のウォレットとウォレット間のコイン交換機能がアップグレードされます。

      ・海外ゲーム会社のEMC(中国・日本ユーザー限定)ワンホンゲームコンテンツ活用の共同事業推進とコラボレーション進行中(共同プロジェクトに関連するいくつかのゲームの追加開発が進行中です)

      -Monster Oasisのエクスポートは、政府の政策において現在未解決の問題があるため、限られた数の機能に制限されています。

      ・投資誘致(完了時までプライベート)
      -政府機関の公式ファンドの投資審査進行中
      -海外の機関投資誘致進行中

      • 【FBGモーションボードの最終テスト後、8月に関連動画を公開予定】
        公開楽しみにしています。

        • akira の返信 (2か月 2週前)

          おお、そろそろですか?
          結構、RoboDeskも頑張ってるではないですか?
          ブロックチェーン連動レンタル決済も面白いですね。OSCでの支払いもできるようですよね