• まる さんのプロフィール写真

    まる が「RIPPLE総合 グループのロゴRIPPLE総合」グループに投稿しました。 4か月前

    リップルは2015年にアメリカの財務省のFinCEN(金融犯罪取締執行ネットワーク)から銀行機密法違反で70万ドルの罰金を支払って和解しています。
    この罰金を支払った経緯は、同社がXRPを著名仮想通貨投資家ロジャー・バーに販売した事実をFinCENに報告しなかったからです。ロジャー・バーは過去にイーベイで花火を販売したことで有罪判決を受けたことがあり、その者と取引をしたことはFinCENのルールに反するからです。
    アメリカ財務省の和解に使われた和解文章にはcryptocurrencyとして定義されているようです。
    アメリカ財務省と契約書内のパラグラフは、XRPの分類方法に関する議論に影響を及ぼす可能性がありますという記事です。

    https://dailyhodl.com/2018/06/17/ripples-deal-with-us-treasury-defines-xrp-as-a-currency-not-a-security/

    • taao の返信 (4か月前)

      Rippleはその後、規制と向き合って対応してました 
      Rippleは、その後ニューヨーク州でビットライセンスを取ってます
      これには仮想通貨を発行することも含まれています 
      イノベーションの分野に今ある規制を、それもだいぶ時間がたってから当てはめるというのは大変ですね
      まあ、いまのところXRPが証券と決まったわけではありませんので

      https://en.wikipedia.org/wiki/BitLicense

      規制では、以下のタイプの活動のいずれかとして、仮想通貨事業活動を定義しています。
      ・取引が非財務目的で行われ、名目上のバーチャル通貨以上の振替を伴わない場合を除き、バーチャル通貨を送信または送信するための仮想通貨を受け取る。
      ・仮想通貨の管理または管理を他者のために保管、保持、または維持すること。
      ・カスタマービジネスとしての仮想通貨の売買。
      ・顧客サービスとしてのExchangeサービスの実行、または
      仮想通貨を管理、管理、発行することができます。

      • スズキ の返信 (4か月前)

        これを見ると発行だけでなく、仮想通貨の売買も含まれてますよね?
        ICOは出資を募って株券を発行するという感じなので有価証券というのもしっくりくるのですが、Rippleはライセンスを取って普通に仮想通貨を発行・売買する感じを受けます

        • スズキ の返信 (4か月前)

          ニューヨークのビットライセンス、今後の仮想通貨規制に光明 Ripple良さそうだけど

          https://jp.cointelegraph.com/news/bitlicense-approval-shines-fresh-light-on-new-york-crypto-relationship

          • まる の返信 (4か月前)

            大丈夫そうだけどね

            http://www.sbigroup.co.jp/news/2016/0614_10330.html

            リップル社は、ブロックチェーン技術により独自に開発した取引記録台帳
            ”Ripple Consensus Ledger”上のデジタル資産(仮想通貨)である「XRP」
            の機関投資家及び金融機関向けの販売・管理に関して、ニューヨーク州金融
            サービス局(New York State Department of Financial Services: NYDFS)
            より、本日「BitLicense」を受領いたしました。 前回「BitLicense」の承認
            を受けた企業は消費者向け事業が対象であった一方で、このたびリップル社
            が付与を受けたBitLicenseは、機関投資家向けにも活用できる初めてのもの
            です。
            「影響力がもっとも大きい規制当局の一つであるニューヨーク州金融サービス
            局からの『BitLicense』の獲得は、金融機関のデジタル資産利用に対する驚く
            べき後ろ盾となります。」とリップル社の共同創業者CEOであるChris Larsenは、
            述べています。 「(リップル社の)Ryan Zagone率いる規制当局担当チームの
            働きを誇りに思います。