• iwao さんのプロフィール写真

    iwao が「GameCredits総合 グループのロゴGameCredits総合」グループに投稿しました。 2か月 3週前

    Telegramを確認したら、「金曜日は発表に適していないから(?)」という理由でGDCの詳細はまた今度になりそうです。ちなみに発表の様子を動画で見ましたが、特に新しいことは言っていませんでした。
    あと、Gplayのβ版リリースも春に延期になるようです。多分6月以降ですね。
    今後1ヶ月半かけて公式HPを更新し、ロードマップも新しいものに変わるようですね。(元のロードマップが完結していませんが。)

    パートナーサイトということで質問なんですが、管理人さんはこの運営のどこを信用されているんですか?

    • 発表の仕方やマーケティングの問題はあると重々承知しておりますが、開発の方向性や本質的な部分では着々と進めているのは間違いないです。

      私自身は、パートナーサイトとして毎週の開発の進捗状況を常に確認して見ておりますし、私はこの分野で開発会社をしていますので5年以上この業界を見てきていますが、遅れている理由も聞いており、この業界の現状を見ると仕方ない部分があると思っています。

      ここ数か月の遅れは主にUnityやXSollaとの提携による変更で、決して後ろ向きの変更や後退ではなくて、前進するための変更です。ストアが完成する前に大手と提携することができ、様々な改善ができることはなかなかないことです。

      βバージョンのUnity SDKは、既に完成しており、Unityの支援を受けて、開発者を対象に動き始めています。開発者は、SDKを使用してGamecredits のペイメントを統合する初期段階にあります。

      もう、プロジェクトが大きく変更される時期は終わっていると感じており、プロダクトをリリースする最終段階に入ってきていると思います。ストアの開発は、UnityとGamecreditsの双方でされていますので心配することはないと思います。

      私は長年他の通貨のコミュニティーにも参加して細部や深部も見てきていますが、最大手のUnityとの提携というようなビジネスのセンターピンを押さえて、インフラを着々と進めてきているプロジェクトはほとんどないと感じています。

      ビジネスのセンターピンを押さえて、実需を生むためのプロダクトを真剣に熱心に着々と進めているという部分は、そう簡単に得られる部分ではなく、この混沌とした業界の中では非常に貴重だと思います。

      (この業界は一般的に大手企業と提携と言っているチームも多々ありますが、GamecreditsとUnityのように双方の公式ページで提携を確認できるプロジェクトはほとんどありません。API使用時等のパートナーデベロッパー登録を提携と称しているプロジェクトも多々ありますのでよく見ることが必要です。)

      インフラ整備は地味でなかなか価格には反映されませんが、後々効果が出てくるものだと思います。忍耐が必要ですが、実需を目指す通貨であるなら、成長するためには避けては通れない重要な道です。

      私もベンチャー企業にも長年投資してきていますが、どこの企業にも発表の仕方の問題やマーケティングの問題は多少なりともあります。でも、私もこのままでいいと思っているわけではありませんし、創業者とも話しますのでサポートサイトとして働きかけていきます。

      投資家にとっては価格が重要なことは重々承知していますが、短期的な価格動向だけでなく、長期的な視点で応援していただけたらと思います。

      • canon の返信 (2か月 3週前)

        僕は税金対策で50万GAMEは売却しましたが10万GAME持ってます
        再度購入したいと思います 応援してます

      • ゲームという人気分野なので目立つのかもしれないけど、他の通貨より頑張っているのは見ていてわかります
        ストア完成楽しみにしてます

      • 湯佐 の返信 (2か月 3週前)

        このプロジェクトは面白いし、大変だと思うので、応援しています
        GAMEでの支払いでお金のやりとりが円滑になったり
        手数料などが安くなればインディーズも含めゲーム業界が盛り上がるのではと思っています(´ω`)

        そして業界大手との提携で地盤は固まってきてると感じております
        ( ・`ー・´)

      • まる の返信 (2か月 3週前)

        Unity提携によって最大手のゲームエンジンに組み込まれ、ストアに簡単に組み込めること、そして全Unityカンファレンスで熱心な開発者に直接営業できるというのは業界標準を狙う戦略としては最強なマーケティング方法なのは間違いないでしょう。Unity提携により今までの開発が変わって、時間がかかるのは仕方ないと思っています。
        発表の仕方やマーケティングの方法もYahooファイナンスを使って昔は効果的に行ってましたし、ストアができればまた変わってくるでしょう。私も期待してますよ