• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「GameCredits総合 グループのロゴGameCredits総合」グループに投稿しました。 3週 6日前

    GameCreditsとMobileGo開発レポート:6月19日です。

    https://medium.com/gamecredits/gamecredits-and-mobilego-development-report-june-19th-5021c695d20

    (以下翻訳となります)
    null
     

    ・チームは、Gamecreditsのライトウォレットを終了させる仕事を継続しました。アプリケーションのバックエンドとフロントエンドは完全に接続されており、アプリケーションは内部のバグテストを受けています。約10日以内に、チームはクローズドベータコミュニティテストの申請をリリースする予定です。これには少数のコミュニティメンバーしか参加しませんが、十分なテストを経てより多くの人々に開放されます。

    ・当社のブロックチェーンクライアントチームは、すべてのマイナーを0.15.2の最新ネットワークバージョンに更新するように取り組んでいます。 現時点ではチームはアップデートされたマイニングプールに一時的なハッシュ・パワーを提供し安定性を保っています。これらのマイナーがすべて更新されるまで、潜在的な問題を緩和するために積極的にネットワークを監視していきます。

    ・GameCredits FIFA 2018 FanDuelトーナメントを成功裏に立ち上げました。 ワールドカップの全期間を通じて、ユーザーは10万ドル相当のGAMEを含む135,000ドル相当の賞を獲得することができます。
    https://www.fanduel.com/campaign-world-cup-pickem

    ・GShare寄付機能を完成させ、ユーザーが利益の一部を寄付することができるようにしました。 この機能は、今後のGShareアップデートの1つとして公開される予定です。

    ・デザインチームは、GameCreditのソーシャルメディアの投稿とブランディングに新しいアイソメトリックデザインスタイルを使用し始めました。これらのデザインの例をTwitterで見ることができます。
    https://twitter.com/gamecredits

     

    E3でのGNationのプレゼンス

    null
    E3のGNationブース

    6月12日から6月14日まで、GNationはロサンゼルスのE3に参加しました。 E3は世界最大のゲームカンファレンスの1つです。 GNationは数ヶ月間E3の準備をしていました。E3でのGNationがフォーカスしていることは、開発者やゲーム業界の企業との関係の構築、GShare / GPlayの説明、GNationの USP(Unique Selling Proposition:自社が持つ独自の強み)のフィードバックを得ることでした。

    カンファレンスに対して、GNationは多くのゲーム産業の組織と出会いました。これらの会社のうちの1つは、ESL、世界で最も大きな専門E-Sports組織でした。GNation は、GPlayのE-Sports機能によってモバイルE-Sports業界を成長させるために ESL に興味があります。ご存知のように、GNationは過去のESLのイベントをサポートしました。また、チームは、ESLとの関係を強化し続けるでしょう。

    さらに、GNationはXsollaとして知られている人気のあるゲーム業界の支払いファシリテーターと会いました。 GShareやGPlayなどの商品では、簡単で多様な支払いが重要であり、E3はGNationの支払いパートナーに会う良い機会でした。
    null

    以前に述べられるように、E3の主な焦点はGShareとGPlayについて説明し、開発者からフィードバックを集めることでした。開発者にとって最も重要な2つの機能は、GShare経由で1ゲーマー当たりの収益を増やし、GPlay経由でE-Sports機能を通じて収益及びユーザーエンゲージメントを向上させることができると判断されました。

    開発者にとって、月に5ドル以上を費やしているゲーマーを獲得することは実質的な増収です。GPlayと共にGShareによって作られた収益間のシームレスな接続をつくることによって、モバイルのゲーム開発者でもユーザーに毎月の資金をもたらし、かつ彼らのゲーム内でもっと費やすことを奨励することができます。

    開発者にとってのもう1つの大きなメリットは、カジュアルなモバイルゲーム(プレーヤー対プレーヤーの競争を特徴としないゲーム)のエンゲージメントを高める能力です。
    GPlayで、カジュアルゲーム開発者はE-Sportsで賭け、プレイヤーに順位表で支払いすることを提供できます。E3で別の競争力のある機能を提供することで、従来のカジュアルゲームでより多くのゲームをプレイし、より長くプレイするようにインセンティブを与える方法を紹介しました。

    開発者は30%の業界標準手数料に比べて5~10%より低い手数料であるGShareとGPlayの利点を組み合わせることでGNationのエコシステムを試みることに興味を持っていました。

    私達はGPlayを使用することを可能にするSDK(ソフト開発キット)の統合を支援するためにこの夏を通じて彼らと仕事をするでしょう。

     

    マーケティングについて

    ・GameCredits FanDuelトーナメントおよびKomodo統合をプロモーションするTwitterとFacebookの広告を始めました。これまでのところ、広告はTwitterとFacebookにて何十万ものインプレッションを生成しました。

    ・チームはFanDuelとのGameCreditsコラボレーションに関するCointelegraphの記事を公開しました。これまでのところ、この記事には約1万人の読者がいて、TelegramとTwitterで共有され数万人に達します。

    ・Komodoチームと協力して、暗号コミュニティ全体にGameCreditの統合を広めました。 GameCreditsは、51%の攻撃に対するセキュリティ対策を実装する最初のPOWブロックチェーンプロジェクトの1つとして確立されています。

     

    MobileGOについて

    null

    ・MGOをGWallet(GameCredits Web wallet)に統合して導入しました。 この統合により、ユーザーはEthereumベースのMGOをGAMEと共にWebウォレットに安全に保存できるようになりました。これにより、MGOユーザのGPlayへのペイメントの統合も容易になります。

    ・開発者はMGOのスワップバックエンドを完了し、最終テストのためにスワッププラットフォームをQA(性能や機能を保証するための検証作業)に入る前に、フロントエンドの開発を完了するよう取り組んでいます。

    ・最初のGPlayリリースの為の内部クローズドベータテストに入りました。チームはPixel WarsのためのE-Sportsリーダーボード機能をテストしています。