• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「Sentinel総合 グループのロゴSentinel総合」グループに投稿しました。 1週 5日前

    SentinelデスクトップクライアントAlpha v0.0.4がMac、Windows、Linuxで利用可能になりました。(公式ブログ)

    https://medium.com/sentinel/sentinel-desktop-client-vpn-alpha-v004-binance-eth-swaps-615e5d75f15f

    null
    (以下翻訳となります)
    数百時間の熱心な計画とコード開発の後、Sentinel Desktop ClientのAlpha 0.0.4バージョンを発表することに興奮しています。

    0.0.4バージョンのアップデートの新機能は次のとおりです。
    1.分散VPN上のSOCKS5プロトコルの初めての実装。
    2.集中型ERC20ウォレット・トークン・スワップ(交換)の最初のバージョン。
    3.レイヤー2のTORネットワーク Sentinelの分散型VPN上のTOR
    TORユーザーの非匿名化を行ない多くの問題を解決します。

    Download Links:
    Mac: Sentinel-macosx-0.0.4-alpha.dmg
    Windows: Sentinel-win64–0.0.4-alpha.exe
    Linux: Sentinel-linux64–0.0.4-alpha.deb


    このアップデートはプライバシーと分散型VPN(dVPN)ユーザーにとって何を意味しますか?
    VPNのプライバシーとユーザーの匿名性の向上

    1. SOCKS5 Protocol
    オンラインユーザーのプライバシーには多くの脅威があります。
    – 政府および略奪データアグリゲーター
    – 不正行政機関、および
    – データをデータアグリゲーターへ販売するハッカー

    これらの悪意のある主体は、主にIPアドレスの監視を利用し、訪問したサイトを通じてデータを追跡します。 SOCKS5は、匿名性ソリューションの誕生以来存在していた技術で、暗号化されたSSHトンネルを使用してプロキシサーバー経由ですべてのデータをルーティングすることで、ネットワークアクティビティをマスクしてIPアドレスを保護します。 OpenSSLライブラリを使用すると、すべてのデータがAES-128-CBC暗号化で完全に暗号化されます。

    null

    Sentinel Node Network経由で利用可能なSOCKS5ノード

    SentinelのSOCKS5 分散型VPNは、既存の/現在のSOCKS5テクノロジを次の方法で改善します。

    -センチネルのSOCKS5 分散型VPNは、障害が生じやすく信頼ベースの一元化されたプロキシサーバーではなく、信頼のいらない分散型ネットワークを介してすべてのあなたのデータをルーティングします。
    -スマートコントラクトを使用し、センチネルの分散型VPNは自動的に使用状況を監視し、人間の介入なしにトランザクションを処理します。

    2.TOR統合を持つセンチネルの分散型VPNは、ユーザーとノードセキュリティを増加します。

    我々は現在、トラフィックがTORを介してローカルに中継され、TORへ出て行くOpenVPNノードをテスト中です。ユーザーIPは決してTORネットワークや宛先アドレスには公開されず、チェーンは完全に証明可能です。

    Sentinel 分散型VPN上のレイヤ2 のTORは、現在、出口ノードが宛先のIPを明らかにするのを防ぎます。これは、リソースの帯域幅に対する(BaaR)暗号プロジェクトの最初のものです。

    Sentinelデスクトップ・クライアントを使用して、「VPN」下のノードに接続してください。そうすれば、ノードがTORへ出ているのを見つけるかもしれません。
    check.torproject.orgにアクセスして、TORが有効になっているかどうかを確認してください。

    3.EthereumとBNBとのスワップ(交換)

    おそらくこのアップデートの最もエキサイティングな部分は、ウォレット内のERC20トークン・スワップです。 ご存知のように、Sentinelの帯域幅プロトコルはSENT ERC20トークンのブロックチェーンと相互作用し、帯域幅の交換メトリックを記録および監視し、帯域幅のプロバイダと帯域幅のユーザ間で公正な条件を適用します。

    null

    In-wallet ETH > SENT swaps.

    ユーザーがプロトコルのマスターノードによって生成されたブロックチェーンベースの後払いの請求払いを行いわない場合、接続は中断されます。

    Sentinelネットワークへのアクセスを簡素化します。
    あなたのアイデンティティを傷つけることなくSentinelのリソースにアクセスしてください。

    ほとんどのcryptocurrencyベースのサービスは互換性がありません
    すなわち、エコシステム全体で1つの非交換な通貨。 このハンディキャップは、ユーザーがSENTを使い果たすたびに取引所を訪問しなければならないことを意味します。

    ほとんどの私たちのパートナーは、匿名をとても高く評価し、最小のオンライン痕跡を守ろうとします:取引所の大多数は出金問題と同様にセキュリティ問題で悩まされます。ステイクホルダーの何人かは、取引所に登録しないことを好みます。

    Sentinelの摩擦のないデジタルリソース使用のビジョンを実現するため、Walletに最適なソリューションとして組み込まれたチェーン間/クロスチェーントークンスワップのシステムを提案しました。

    Sentinelのプロトタイプの中央集中型ウォレット・スワップ・システムにより、ユーザーはBNBまたはETHをSENTに交換できます。 組み込み自動化スマートコントラクトを使用すると、取引所にアクセスすることなくSENTトークンを購入することができます。

    Sentinelのスワップはどのように機能しますか?

    1.まず、ユーザーはSentinel Desktop WalletにBNBまたはETHを入金する必要があります。ユーザーはトランザクションが完全に確認されると残高を見ることができます。

    2.ユーザは 「Convert ERC20 to SENT(ERC20トークンを変換してSENTに変換する)」オプションを押すことによってスワップを開始し、一連のスマートコントラクトを実行して交換APIから平均交換価格を引き出し、スワップを実行します。最大50ドルのトークンを購入することができます。

    3.現在サポートされているトークン:
    1. ETH
    2. BNB

    現在のところ、ERC20のスワップに焦点を当てた初期段階にあります。 将来、アトミックスワップにこの機能を拡張する予定です。

    なぜBNBですか?

    BNBは代替ユーティリティトークンです。
    BNBトークン(BNBまたはBinance Network Token)は、トークン所有者に真の具体的価値を提供し、すぐに利用されるユーティリティトークンの典型的な例を提供します。バイナンスは、世界最大の取引所であり、1日あたり平均収益は20億ドル以上です。業界をリードするAPI /レイテンシの標準とセキュリティでよく知られています。

    null

    In-wallet BNB > SENT swaps.

    BNBトークンの値は、取引プラットフォームとしてのBinanceの成功に直接関係しています。BNBの保有者は、取引手数料の割引、BNBのBinanceに関するクロスペア取引手数料の支払い、およびBinanceの待望のDEXの株式所有権の請求権として利用することができます。

    BNBは供給が限られているERC20トークンというだけでなく、取引手数料を使って利益からBNBを買い戻したり、燃やしたりします。Binanceの利益軌道が9桁を超えると、これらのバーンは時間の経過とともに利用可能な供給に大きな影響を与えることが予想されます。この利益の増加は、BNBの大きな有用性を考えると希少性を高めるだけです。

    ユーザがBinance交換ウォレットで残高をBNBに変換する機能は、もう1つの有用性を提供します。世界最大のボリュームと最も成功した取引所でユーザーは「ウォレットダスト」を流動性の高いユーティリティトークンに変換することができ、BNBがデジタルリソース配布ベースの交換に利用されるトップトークンになる機会を提供します。

    • knk の返信 (1週 5日前)

      バイナンス上場が見えてきたような?しかし1日あたりの平均収益が20億ドル以上ってとんでもない数字ですね。一気に世界一の売上企業になっちゃいそう。