• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「Sentinel総合 グループのロゴSentinel総合」グループに投稿しました。 4か月前

    Sentinel の公式ブログができました。

    https://medium.com/sentinel/introducing-the-official-sentinel-blog-866e6984d8ed

    (以下、翻訳となります。)

    センチネルの公式ブログをご紹介!

    過去数ヶ月にわたり、Sentinelチームは画期的なプロトコルレイヤーを構築し、効果的かつ実用的な方法でデジタルリソースの配布を容易にすることを第一に重視したブロックチェーンプロジェクトを初めて成功させました。 Sentinelは、動作中のブロックチェーン帯域幅のリソース監視とチェーン上の決済ゲートウェイメカニズムを初めて発表したことを誇りに思っています。

    成長し続けるコミュニティにタイムリーな開発アップデートを提供し、プロジェクトの完全な可視性を提供するため、Sentinelの公式ブログを開始します。 Sentinelのブログは次の目的で使用されます:

    ・新しい機能とリリースを発表する
    ・新しくリリースされたプログラムおよび今後リリースされるプログラムの機能を完全に伝え、ログを変更する
    ・Sentinel内の並列プロジェクトのステータスを公開する
    ・デジタルリソースの配布、プライバシー、スケーラビリティおよびその他の関連するトピックに関する最も関連性の高いニュースをコミュニティの洞察のために提供する
    ・ユーザーからのフィードバックを評価し、ユーザー主導の卓越性を構築するためのプラットフォームを提供する

     

    Sentinel開発チーム

    Sentinel開発チームにはチームが素晴らしい開発ペースを推し進めることを可能にした非常にユニークな構造があります。そして、Ethereumプラットフォームを迅速に革新し、入手可能な最先端のリソース共有スマートコントラクトソリューションの1つを開発します。

    Sentinelの多国籍開発チームは、エリートな人材を募集し管理する能力を備えています。燃焼速度を容易に制御できるようになれば、敏捷で生産性の高いコード開発につながります。 Sentinelは世界で最も有名な機関の開発者のみを募集しています。 そのうちの中心的なSentinelチームメンバーは同窓生です。 開発チームは、社内のカリキュラムを作成して、新メンバーをBlockchain開発にすばやく従事させました。 しかし、新メンバーはチームと一緒にトレーニングを行う前に全員がnode.jsとpythonの豊富な経験を持っています。

     

    センチネル開発事務所と拡張

    ほとんどの暗号化通貨プロジェクトは、主に遠隔契約型のバックエンド開発者に依存しています。 Sentinelチームは現在、1つの物理的な会議室と完全なサポートスタッフを完備しているオフィスに20人以上の開発者を抱えています。
    このオフィスでは、開発者が互いに協力し合ってチームとして専門的な環境で働くことが可能で、特定の目標と成果物に焦点を当てています。

    Sentinelの開発チームは、新しいオフィスを開設することでさらなる拡大を楽しみにしています。 これにより、貢献者が大幅に増加し、プロジェクト開発が大幅にスピードアップします。すぐに顧問と法的パートナーが公表されます。

     

    キーマイルストーンと最新リリース

    Sentinelチームは、毎週合計300時間以上の開発時間をかけていて機動的で速いペースで開発スケジュールを推進しています。 ICO以来、開発チームは複数の面で進歩を遂げました。

    ・ウェブサイトの立ち上げ。 新しいデザインのウェブサイトがまもなく発表されます。

    ・Sentinel LitePaper v1.0のリリース

    ・Linux、Windows、Mac用のSentinel Desktop Clientのバージョン0.0.32のリリース

    ・Sentinelは、4日間で387GBを消費する2500以上の分散型VPN接続があり、非常に成功したAirdrop / Testdrop(参加者が分散型VPNをテストし、スクリーンショットを提出した)を開催しました。
    Airdrop開催中にテレグラム公式グループは、その期間中にわずか600人(現在は4000人以上のメンバー)から3500以上に爆発的に増加し、一万以上のメッセージの急増をみました。

    ・パケットのリレーおよび出口ノード・ルーティング用のSOCKS5プロキシおよびTORネットワークの継続的な研究開発。 開発の実装は、それぞれのGitHubで見ることができます。

    ・モバイルでのAndroid Appの開発、iOS上でOpenVPNプロトコルを使用するための継続的な研究。

    ・他の研究探査 – iOS上でOpenVPNプロトコル使用、AUIDのフィンガープリント、ノードのためのストレージオプションなど

     

    Lite Paper v1.0
    Sentinelプロジェクトの簡単な紹介。

    Sentinelを初めてご使用になる場合、LitePaperはプロジェクトのビジョンと目標を簡単に紹介するものです。GitHubリポジトリで読むことができます。 Litepaperは以下をカバーしています:

    ・Sentinelネットワークのアーキテクチャ
    ・アイデンティティチェーン、サービスチェーン、およびトランザクションチェーンの概要
    ・サービスチェーンに関するガバナンスとリソース消費者/ユーザーとのサービスの相互作用に関する概要
    ・サービスとリソース市場と分散型リソースを活用する関連開発
    ・ロードマップの概要、現在の研究開発の焦点と開発チーム

    チームはまた、Sentinelの機能とプロジェクトの仕組みを説明するブログを作成します。ただし、このペーパーではSentinelの考え方を簡素化し、各システムの作業の詳細を可能な限り提示します。

     

    Sentinel Wallet v0.0.32
    VPN testnetを持つ最新のSentinelウォレット

    Sentinel Desktop Clientは、最初の動作しているブロックチェーン帯域幅リソース監視およびチェーン上の支払いゲートウェイメカニズムです。

    ・完全に機能的なERC20ウォレットは、Electronで開発され、Rinkeby Testnetと完全に統合されています。
    ・Sentinelの独自の帯域幅マスターネットシステムと完全に統合された最初のOpenVPN実装により、コミュニティメンバーは、安全な支払いゲートウェイシステムを利用しながらOpenVPNでトンネル化された「出口ノード」をホストできます。
    ・Sentinel VPNプロトタイプクライアントは現在Rinkeby Testnet上で動作しており、ユーザーはTestNet上のOpenVPN出口ノードに接続するために使用される無料のテストトークンをウォレットを通して受け取ることができます。
    ・ベースガバナンスは、testSentが ‘リソース’消費に対してどのように償還するかを決定します。悪意あるスパマーによる取引でネットワークがスパムされないように保護しています。
    ・サービス承認、未払いのブロック、および不一致を解決するためのトランザクションのレポートは現在のv0.0.32リリースの機能の一部です。

    現在、「リソース」という用語は、主に帯域幅を指しています。 時間とともに、計算能力、ストレージなどの他のメトリックにも拡張されます。
    GitHubレポのリリースページで、現在および将来のリリースを追跡することができます。

    ウォレットには、コミュニティでホストされている利用可能なすべての出口ノードと、ノードホストが設定した料金設定が表示されます。
    null

    コミュニティメンバーは世界中の出口ノードをホストし始めています! 南米とアフリカのSentinelコミュニティを成長させたいと考えています。
    null

    このlinuxコマンドラインターミナルは、コミュニティメンバーがOpenVpn出口ノードをセットアップしてホストすることがいかに簡単であるかを示しています。
    null

    支払い履歴タブには、それぞれのVPNセッションのEthereumブロックチェーンに保存されている支払い履歴とその他のデータが表示されます。
    null

    0.0.4バージョンのETH & BNBスワップ(交換)機能を見てください。
    null

    ほとんどのネットワークは、従来のブロックチェーン構造の非代替性を完全には利用していません。センチネルは、masternodeがEthereum blockchainの上にデータを記入するメカニズムを革新しました。そのメカニズムは、支払いを有効にし、エンドユーザーとそれらの帯域幅を共有しているコミュニティメンバーの間の信頼のいらない支払いゲートウェイ(それを条件付エスクローシステムとみなすことができる)を作成し、後で記録されるクライアントセッションのデータからセッションの帯域幅使用や期間などの測定基準データを引っ張ってくるスマートコントラクトから導かれます。ここのGitHubのコードをチェックできます。

     

    今後の機能

    Sentinel開発チームは、人々がSentinel Networkと対話する方法を根本的に変えるいくつかのエキサイティングな開発に取り組んでいます。

    1.安全なSOCKS5 パケットルーティング
    ブロック・チェーン界初のSOCKS5 分散型VPNノードの実装

    Sentinelチームは、業界で初めてのことを誇りに思っています。
    この機能は、まもなくTORへの出口ノードオプションと共に、SOCKS5ノード及び OpenVPNノードのどちらかを提示し、選択できるノードで利用可能になります。

    主にSOCKS5 分散型VPNノードの追加メリットを享受するステークホルダーは次のとおりです。:

    ・スピードと地理的な自由を第一に優先するユーザー
    ・地理的な場所に関係するサービスを使用して情報にアクセスするユーザー
    ・cVPN(集中型VPN)がルーティングするデータを心配をすることなしにピアツーピア方式でデータと情報を交換する必要があるユーザー
    ・組織自身がホストすることができる明示的なノードを介してのみトラフィックをルーティングすることによって、独自のネットワークを確保しようとする企業。
    これはプライベートネットワークを作成します。そして、私たちは自分自身のプライベートネットワークを構築することに関心があるいくつかの仮想通貨プロジェクトで働くことを期待しています。
    ・プライバシーに関する懸念を持つ人々は、ホームルータをSentinelに接続してプライベートネットワークを構築できます。そして、すべてのトラフィックをSentinelネットワーク経由でルーティングすることによって、複数のデバイスで別々に接続する必要なしに全てのデバイス間のインスタントな匿名性を確保できます。

    2.TOR出口ノードのホスティング

    サービスノードとリソースノードのホストは、TORを出口にすることで免疫性を持ちます。
    TORは、プライバシー活動家、公益通報者、ジャーナリスト、政府のための匿名性ツールです。主要な欠点は、出口ノードが暗号化されていないということです。
    Sentinelは、暗号化をどこでも保証するTORネットワークへ出る出口ノードを実装します。追加された利点は、DDoS攻撃に対するTORの脆弱性を根絶することです。そして、無意味なノードホップパスを追跡するために、専有ノードファームを作ります。

    3.アンドロイドモバイルアプリ開発

    分散型VPNはモバイルになります。
    Sentinelは、まったく新しい可能性の世界を開く最初のモバイルブロックチェーンベースの分散型またはP2P VPNアプリケーションを立ち上げます。今後のリリースでは、携帯電話が中継ノードとして機能する能力の開発基礎となるだけでなく、メッシュネットワークの分野にSentinelsが参入することの始まりでもあるとお知らせします。

    Sentinelは、SOCKS5およびOpenVPNセッションを現在監視している最初のブロックチェーンベースの帯域幅リソース監視およびインセンティブ化プロトコルを開発しており、間接的にメッシュネットワーク開発も開始していました。そして、その開発は、まもなく同様にモバイルホット・スポット接続のプロトコルも形成するでしょう。

    進行中のアンドロイド開発は定期的に更新されます。すべてのコントリビューター(貢献者)は、コードをチェックし、問題のフィードバックを共有するか、プルリクエストによってより良くすることが推奨されます。

    ※間もなく来るスワップ(交換)機能、ミキサー機能、その他の機能に関するニュースは、今後のブログ記事で説明します。

     

    Sentinelについて

    Sentinelは、レガシー、エンタープライズアプリケーション、モバイルアプリケーション、およびdAppといった人とアプリケーションの間でデータを保護し、リソースを交換するためにマルチチェーンアーキテクチャを採用しています。 Sentinelは、最初の動作中のブロックチェーン帯域幅リソースの監視とチェーン上の支払いゲートウェイメカニズムを開発しました。

    • koropon の返信 (4か月前)

      丁寧に翻訳して頂き有難うございます。とても助かります。

    • taao の返信 (4か月前)

      Wifiモバイルホットスポットをつなげるメッシュネットワークも広げていきそうですね
      わくわくします

      • akira の返信 (4か月前)

        メッシュネットワークは、共有Wifiホットスポットのモバイル版ですか?

        • まだ、予想にすぎませんがスマホに搭載されているWiFiのアドホック通信機能を活用すれば、携帯電話がつながらなくても、隣の人はもちろん、周囲のスマートフォンにデータをリレーしてもらうことで遠くの人とも情報を交換することが可能になります。このネットワークがメッシュ状に規模が大きくなったものと予想しています。