• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「GameCredits総合 グループのロゴGameCredits総合」グループに投稿しました。 2週 2日前

    GamecreditsとMobileGoの最新のニュースレターです。

    http://mailchi.mp/145a01a33d9e/information-regarding-our-busy-conference-schedule

    (以下、翻訳となります)

     

    最近のゲームカンファレンス活動のリスト

    GNation 社長、GameCredits CEO、MobileGoの共同設立者であるSergey Sholomは、世界中のゲームカンファレンスへの出張や今後の予定について、私たちのチームに説明する時間を取りました。
    10月中にノンストップの出張をしており、11月まで継続します。 イベントに関するご質問がある場合は、お知らせください。

    米国、Uniteオースティン(2017年10月3~5日)

    このカンファレンスは、GNationsのパブリックへの旅の素晴らしいスタートでした。 多くのミーティングやGNation、MobileGo、GameCreditsエコシステムの最初のプレゼンテーションをゲームに関するオーディエンス(聴衆)に紹介しました。

    https://imgur.com/a/jdL3m

     

    オーストラリア、Uniteメルボルン(2017年10月23日)

    GameCredits プロダクト ディレクターMaxim Sholom とイベントマネージャーAleksandar Manjaは、多数のゲーム開発者に会うためにオーストラリアへ出張しました。私たちは熱心なゲーム開発者から多くの質問を受けています。最もよく尋ねられる質問は、「これらの素晴らしい変化をいつ見られるだろうか?」 ゲーム業界のメンバーは、コミュニティに参加し、GNationを通じて収益の可能性を高めたいと考えています。

    https://imgur.com/a/XE68W

     

    Unite シンガポール(2017年11月2〜3日)

    シンガポールで私達は、よりよい収益の流れおよび新しいマネタイズ方法をゲーム開発者に提供する製品を提供するパワーを感じはじめた。これらのアジアの開発者は、特に私たちの2つのデジタル通貨に興味を持っていました。また、彼らは、どのように産業用の普遍的な通貨として全体的に設計されたかに興味を持っていました。私達は進化するゲーム経済が GameCredits と MobileGo のような仮想通貨に依存することが当然だと考えています。

    https://imgur.com/a/PvQSF

     

    タイのゲームショー(2017年11月3~5日)

    一週間前、タイの最大のゲームのショーケースを訪れました。タイでは eSports 部門の大きな関心を目撃しました。MobileGo を使用して、アプリケーションを提供することによってこの国の大規模な関心があるeSportsに生かすことは、素晴らしい機会となるでしょう!

    https://imgur.com/a/aiVhr

     

    Uniteインド(2017年11月8~9日) – 来場して私達に会ってください!

    Unite IndiaはUnityの最速で成長しているカンファレンスの1つです。 私達は、インドの最も有能なゲーム会社から1000人を超える出席者を期待しています。私たちは最初のターゲット市場の 1 つで紹介し、熱心なカンファレンスを楽しみにしています。 参加したい場合は、Unite Indiaのウェブサイトをチェックしてください!

    https://imgur.com/a/1m83h

     

    韓国、プサンG-STAR(2017年11月16~18日)- 来場して私達に会ってください!

    G-STARは世界の最も大きいゲーム会議のうちの1つであり、最も成功したゲーム会社と開発者を引き寄せます。昨年、イベントは653人以上の展示者と217,000人を超える出席者が参加しました!さらに大きな来場者は、2017 年に期待されています。私達がGNationを展示する間、韓国のコミュニティ・メンバーが私達に会いに来ることを奨励します。

    皆さんの継続的なサポートをありがとうございます。GNation、MobileGo、および GameCredits の破壊的な機能は、我々のコミュニティでのみ可能です。私たちの夢を実現するために絶えず努力していきます。

    -Sergey Sholom