• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「RIPPLE総合 グループのロゴRIPPLE総合」グループに投稿しました。 3か月 3週前

    https://ripple.com/insights/ripple-continues-to-bring-internet-of-value-to-life-new-features-increase-transaction-throughput-to-same-level-as-visa/

    (先日の公式Rippleブログの翻訳です。)

    Rippleは価値のインターネットを人生にもたらし続けます:新しい機能はトランザクションスループットをVisaと同じレベルに増加させます。

    今日の時代遅れのクロスボーダー決済システムの問題は、銀行が送金を完了するのに3日から5日かかるトランザクション量を取り扱うのに苦労していて、スケーラビリティの困難さがあるということです。

    世界中の誰かのもとへ一瞬にしてテキストメッセージを送ることができる時代において、1日は永遠の長さのように思います。Rippleの希望は、今日、情報が移動するように、待機時間なしに金銭を移動させることができるということです。そして、価値のインターネットを作成することです。

    しかし、フィンテック会社が成長し続け、スケーラビリティとパフォーマンスにおいて懸念が高まっています。トランザクションスループット(トランザクション/秒によって測定)をVisa とAmerican Expressのような企業レベルに増加させ、これらの問題を解決することができないと取り残されるでしょう。

    私たちは価値のインターネットをもたらすRipple Consensus Ledger (RCL)、Interledger Protocol (ILP) を向上させるいくつかの新しい機能を導入するのに興奮しています。

    ILPは、デジタル資産、従来の支払いと従来の金融界のニーズを満たすために、現在RCLと通信することができます。そして、元帳上で全世界の価値を相互接続することができるネットワークを作成することができます。Rippleは、現在、これを達成する最適なネットワークです。

    RCLの性能とスケーラビリティを増大させるのに役立つ2つの新しい機能、エスクローとペイメントチャンネルは、今日すべてのユーザーに対して利用可能になりました。

    エスクローはRCLとILPが割り当てられた期間の間、または、特定の条件が満たされるまで、XRPを確保するためにRCLとILPが通信することを可能にします。これは、サービスが完了するまで、または誕生日などある時間の瞬間まで資金を保持するのに使用できます。

    エスクローの利点は2つあります
    1)仲介者を信頼する必要がなく仕事を安全に完了する
    2)そして、いかなる単一の組織も、資金を保持することを担当しない。

    銀行は金庫室を用いることにより伝統的にこうしていました。しかし、これは、デジタル資産でこれを容易にするその種類の最初のもので、すぐに利用可能な機能です。

    デジタル資産がよりポピュラーになったので、多くの人々は、これらのテクノロジーが、ハイレベルのボリュームを処理するように設計されてなかったことに気が付きました。そして、その結果、トランザクション処理は秒から日まで減速しています。

    この問題を解決するために、Rippleは、特にXRP(RCLの固有のデジタル資産)のために設計される独自のペイメントチャンネルを構築しました。XRPペイメントチャンネルは、トランザクションスループットを1秒につき数万トランザクションまで増大することを可能にします。そして、Visaと同じレベルの拡張性をもたらします。

    クレジットカード読み取り機と同じくらい速くお金を送る機能によって、XRPペイメントチャンネルには、人々が送金する方法と全ペイメント産業を変革する能力があります。

    新機能は企業がRCLとILPを採用するのを可能にします、そして、テクノロジーを使用している人々は、クロスボーダー決済の経験をより速くより安く提供するというXRPの利点を享受します。XRPは、特に、流動性が厳しく、バンキングインフラストラクチャーが古いか、または存在しない新興市場で最もよい流動性オプションです。なぜなら、それが流動性を増やして、より良いユーザビリティを可能にします。このマイルストーンはILPとともにXRPの強みを目立たせます。

    Rippleの長期目標は価値のインターネットを可能にすることです。これを達成するために、インフラ基盤は適切でなければなりません。実装された新しい機能によって、ILPとRCLはその必要な基盤を提供します。そして、価値のインターネットを使用可能にするために未来の扉を開きます。

    1秒当たり何万トランザクションを送信する能力は、価値のインターネットに対する大きいステップであるだけでなく、それは、Rippleが世界的なペイメントカテゴリーのリーダーとして推進するのを助け続けます。私達、Rippleは、価値を転送する方法の新しい定義を金融業界に推進するという新世界秩序を楽しみにします。

    • akira の返信 (3か月 2週前)

      http://cryptpark.com/category/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%ab/

      2014年ごろに管理人さんが書かれた初ブログに時代が追い付いてきましたね
      先読みお見事です

      • トランザクションの問題は、これはブロックチェーンではありませんがRippleは突破できそうですね。
        内外為替一元化コンソーシアムも50行になりましたし、SBIグループの顧客基盤は、2,073万人もあります。
        グループ企業群のシナジー効果を狙っていくのがSBIの戦略ですので、私はXRP普及にほとんど心配は無くなりました。Rippleの更なる成長を確信しています。