• davidtojp(管理人) さんのプロフィール写真

    davidtojp(管理人) が「Decent総合 グループのロゴDecent総合」グループに投稿しました。 6か月 2週前

    DECENT『暗号』投資は、分散型コンテンツ配信革命への道を開きます。(Forbesの記事)
    先日の記事の翻訳です。

    デジタル革命
    それを評するならば、DECENTは今日のインターネット上の全ての情報やアイデアの共有方法を変更する目的で 『 デジタル革命 』 を開始する野望を持って誕生しました。

    DECENTは、ブロックチェーンテクノロジーの力を結合し、検閲なしで、独立した出版を可能にし、コンテンツ制作者間のマイクロペイメントと堅固な投票と評判システムが利用できると宣伝されます。

    DECENTプラットホームは、完全に統合した分散型デジタル・コンテンツ配信の「世界的運動の最前線」に位置すると主張します。

    Blockchain ビジョン
    スタートアップDECENTは、Matej MichalkoとMatej Bodaによって設立されました。そして、Blockchainテクノロジーは、全世界のデジタルコンテンツ出版および共有の統合システムになるかもしれないという2人の共有するビジョンからDECENTが始まりました。

    背景
    Michalko のオンラインプライバシーへの興味は、ローザンヌのスイス連邦工科大学のコンピューター サイエンスを学んでいた時、最初に始まりました。そこで彼はノキア研究センターの携帯電話ユーザーのプライバシー保護に関するプロジェクトを終えました。それ以降、彼は、Bitcoinに没頭しています。

    Bodaについては、ブラティスラヴァの技術大学の勉学中に、テクニカルコンセプトクリエイターとしてBMWミュンヘンでインターンをしました。彼の背景は、応用力学であるけれども、彼は 2013 年にブロックチェーンベースの技術に関係することになりました。

    分散型プロトコルに魅了されて、彼は、イベント、例えば、マイニング技術に関するアドバイスおよび Blockchain の将来の可能性を議論する中部ヨーロッパのBitcoinエキスポ・ウィーンとBitcoin ビジネス議会ブリュッセルの組織を手伝うことによって、コミュニティをサポートしました。

    DECENTは、開発者、アンバサダー、ビジネスアドバイザーの印象的なチームを集めています。そして、ICOは、分散化されたコンテンツ流通革命の未来に投資して、一般の人がプロジェクトをサポートすることを可能にします。

    ミッション
    DECENTは、今日の社会コミュニケーション・フローに分散の原則を導入することによって世界的なコンテンツ配信の中で現在の問題を解決したいと考えています。そして、新生ブロックチェーンエコシステム間のギャップを埋め、様々な産業間の連携役になることを目指します。

    それは強力な暗号で、簡略化され、独立して、境界のないコンテンツ配信です。そしてそれはデータまたは情報を機密にしておくのに用いられ、いかなる第三者でもそれを読むのを防止します。このようなプロセスを通して信用と安全の最高レベルを確実にします。

    暗号は、確実に意図された受取人だけが読むことができて、処理することができる特定の形式でデータを格納して送る方法です。簡単に言えば、データ転送中は暗号化されたままで、鍵(キー)を使用した時だけ暗号を解除できます。

    コンテンツ制作者のために
    オープンソースプロトコルは、アプリビルダーがデザイン仕様書で多種多様なアプリケーションを作成することを可能し、そして、それらの機能は彼らのニーズに最適です。DECENTは、彼らの出版戦略の革新的なソリューションをつくるために「基盤」をコンテンツクリエイターと企業に提供すると言われています。

    カスタム化のための創造的で自由で、いろいろな可能性がある使用事例とDECENTプラットホームで始められる一般のサービスがいくつかあります。

    これらの使用事例は以下を含みます: ブログと出版(媒体に相当する)、Soundcloudのような音楽出版、アマゾンに代わる出版として電子ブック、ソフトウェア・販売; 写真共有(Shutterstockのようなサイトのような)、電子新聞社、費用対効果の学術論文の公開、 ビデオとオーディオのストリーミング、インディー ゲームの開発、そして、ピア ツー ピア エネルギー交換。後者は発電所とスマートメーター・データ管理のデュー・ディリジェンスをカバーしています。

    現在、アマゾンの上で本を出版している著者は、利益の30%-75%をプラットホームに支払います。同様に、iTunesで独立して音楽を売っている音楽家は、アップルに売上のおよそ30%を支払います。出版社またはレーベルにサインしている作者またはアーティストは総売上高のごく一部分を受け取るだけです。

    しかし、DECENTは、プロセスの技術面を大いに単純化すると主張し、第三者と仲介者手数料の排除で直接利益をコンテンツクリエイターのアカウントに支払うモデルを提供します。プラットフォームプロトタイプは、2016年の初めに完了しました。ローンチは、 2017年の第1四半期又は第2四半期の予定です。

    カンファレンス とメディア ・ パートナーシップ
    DECENTは、ダブリンのWebSummit(2015)、およびヘルシンキBlockchain会議(2016)と同様なテクノロジーを指向する会議(例えばシカゴでのインサイドビットコインカンファレンスとサンフランシスコのCoinCongress)でも聴衆の注目を得ていました。

    さらに、公式なメディアパートナーシップは、最も大きいBlockchain指向のオンラインポータルのうちの1つで中国の市場でのDECENTの露出を拡大する8btc、 NewsBTC、クリプトカレンシーマガジン、Bitcoinニュース、Blockchainニュース、ICOカウントダウン、およびForklogなどよってなされています。

    プラットフォームの利点
    プラットホームを使ういくつかの正当な理由(実際リストされる10)があり、創設者による有益な点としては、特に政府が言論の自由を抑制していたり、オンラインの行動が経済や、政治や公開理由によって影響を受ける中国のような国に有望であるといいます。

    彼らは継続的に彼らの既存のサービスにBlockchain技術を融和させるか、完全に新しい分散型アプリケーションのプラットフォームを開発することに興味があるパートナーを捜しています。
    他のパートナーシップとしては、Freewalletとトロントベースのフィンテック企業BitRushで築かれました。

    パートナーは、既存のプラットフォームにDECENTプロトコルを実装することによって、信頼できるコンテンツ流通機構を通じ、信頼とセキュリティのより高いレベルを提供できます。

    彼らが、要求された機能を保持しながら、コンテンツフローと支払いプロセスは、安定性やサービスの独立性、タイムスタンプ・データ記録を確実にするブロックチェーン駆動のコンテンツ配布プラットフォームに基づいて行われます。

    複数のアプリケーションはプロトコルの上で発表される予定です。そして、それは最初のインフラになります。そして、アプリ開発者のプロトコルインプリメンテーションサポートは、DECENTネットワークを育てるのに役立つように提供されます。

    また、開発計画とロードマップの中に、ネットワークの将来のリリースの詳細な説明と計画の年表、ハードウェアソリューションの構築開発プロセスがあります。そしてそれはDECENTネットワークの上で動くプラグ・アンド・プレイのスマートテレビを含んでいます。

    取引所パートナーシップ
    パートナーシップは、CEO および創設者Ronny Boesingによってを率いられる CCDEK元デンマーク暗号取引所とされています。CCEDKは最近その価値提案を変更し、「ブートストラッピング新興企業」として説明されるように専門化しています。

    Boesingは、OpenLedgerで直ちに取引されるだろう」と電話インタビューにおいて説明しました。
    スロバキアの技術革新と技術基金の取締役会の会長Marian Hvizdosは、「DECENTネットワークの機能をよく見た時、私は本当にこのプロジェクトは将来、広く使われるコンテンツ流通システムになる可能性があると理解しました。」と言います。

    • いつもありがとうございます。
      英語読めないので本当助かります。
      全ての人が世界から正しく評価される時代なんてかつて無いことです。
      素晴らしい革命ですね。
      実現して欲しいです。